uta

アニメオタク外人さん
OK、最初に質問の意図を明確にしたいと思う
非オタクや一般人、大部分の人たちにとって、エッチ、ハーレム、ファンサービスアニメはどういうふうに受け取られているのか?

つまりこれらのアニメ(に限らずゲーム、漫画でも)が日本国外にある場合、多くの人が「性差別」「ポルノ」「女叩き(これを指す正しい言葉が思い出せない。小児性愛や性虐待を「助長」する「未成年の」女性が出てくるアニメを叩くメディアが言ってること)」と判断する

一方で日本はどう?
日本のメディアやジャーナリストは過激なファンサービスや不要なファンサービスについて何か言ってる?
日本の女性たちはこの種のアニメを観て不安を感じたりする?
もちろんファンサービスのない良いアニメがあるのは知ってる


アニメオタク外人さん
面白い質問だね
短い答えは「複雑」

回答は2つに分ける必要がある
この議論を進めるにあたって重要なポイントは「日本人を1つにまとめるべきではない」ということ
異なる意見がたくさんある

最初に理解しなければならないのは、いわゆる「オタク」や大半のアニメは非常にニッチな存在であるということ
日本社会のはみ出し者
事実「オタク」という語は80年代~90年代はじめにかけて、宮崎勤をめぐる報道の中で犯罪者や人非人といった否定的な意味合いで使われていた

現在は多少マシになった(実際「クールジャパン」戦略ではアニメなどのオタクカルチャーを推進している)とはいえ、依然としてメインストリームにはなっていない
よってアニメは今でもニッチだが、漫画は幅広く受け入れられている
理由はオタク、子供、サラリーマン向けなどいろいろなジャンルがあるから

大半の読者はオタク向け漫画を呼んでいない
同時に少年ジャンプのような広く流通している漫画雑誌にはいろいろな層をターゲットにした漫画が共存してる

文脈をはっきりさせるために、オタク文化が生まれた1980年代に戻ってみよう
アニメや漫画には「ロリコンブーム」と呼ばれる時期がある
現在の語義と比較して、この頃の「ロリコン」には様々な意味があった
この頃発行されていたロリコン雑誌『漫画ブリッコ』に寄稿した中森明夫によって新語「オタク」が広まった


しかし翻訳者のマット・アルトが指摘しているよう、
中森や江冶ソン太はジャンルの悪趣味性を語りこそすれ、ロリコン自体の価値観や道徳観を疑いはしない
「彼らは超えてはいけないラインをわきまえている。ロリコンがいけないことだと知りながら甘んじてそれを楽しんでいる。社会的立場に恵まれていない人は過度に求める傾向がある」

彼が批判している態度を見ると、80年代当時は性的、暴力的なコンテンツが今以上にメインストリーム寄りだったことが分かる

現代に近づくにつれ、性的なコンテンツを規制しようという試みが増えた
一例は「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の改正
「非実在青少年を守る」という名目で推し進めようとするも、大きな反発があり「非実在青少年」の部分が削除された

でもこれは結局通過して今の漫画、アニメ規制の基準になってる
採決される前に作られた漫画(蜜室)ですら規制対象になり漫画家は罰金をくらった
罰金を恐れる書店は多くのエッチな漫画を自主規制することになる

経緯はどうあれ今でも多くの日本人たちはファンサービスやエッチな漫画に無関心だと思う
確かに口やかましい奴が何人かいるが、セクシュアリティの描写に寛容なメディアであり、アメリカのようにセクシュアリティを描くのがタブーという文化もない

性的なアニメや漫画に対する大きなニュースはこれまでになかったと感じる
2020年の東京オリンピックでは大量の外国メディアが日本に押し寄せる

外国人メディアは国際的な炎上を誘発させようとしてアキバに行くか?
わざとロリコン同人誌を報道するか?
オタクの「良質な部分」のみをアピールしたい日本政府の圧力によって検閲が厳しくなるか?
調べる必要がある

アニメオタク外人さん
>>2
外国人メディアは国際的な炎上を誘発させようとしてアキバに行くか?
カタールでワールドカップあるじゃん
あれ奴隷労働させてるけど炎上してない

ブラジルのオリンピックも無問題だった
文字通り腐敗の温床だったのに
オリンピックに向けてリニア作るつって2億7000万USDが闇に消えても誰も取り上げなかったろ
国際社会が気にしたのはプールに過酸化水素が入ってたから緑色になっちゃったよってことだけ
ちとメディアを過大評価しすぎ

アニメオタク外人さん
>>3
彼らが取り上げるのは「問題にしたら面白くなりそうなこと」だから
奴隷と汚職――つまらん
フィクションのポルノ――これは大問題だ!(即答)
オタク社会とオリンピックに向けてのクールジャパン戦略には確かに軋轢があるね

アニメオタク外人さん
その国に人が行かなくなるような問題を引っ掻き回すことはしないと思う
比較的どうでもいいような問題を取り上げる傾向がある
プールが緑色になったとしても観光客にはどうでもいい
汚職や腐敗はヤバイ

リオは世界で最も危険な都市のひとつだけど、観光客はそんなこと気にしなかったし、メディアも無関心だった
ワールドカップに際して起こった暴力問題を取り上げたメディアも皆無
たとえアキバを攻撃しても、みんな世界で最も危険な都市にすら行ったんだから、それほど影響があるとは思えない

要するにオリンピックの報道をするメディアは、オリンピックに行かなくなるような報道はしない
内容を安全、陳腐、単純なものにする
毒殺が騒がれてたのにみんなロシアのワールドカップを見に行ったんだ
カタールにも行くだろう



アニメオタク外人さん
>>5
俺がいつも謎に思うのは、メディアが夢中になるのはいつも実際の性行為ではなく誇張された表現だってことだ


アニメオタク外人さん
日本がどれだけ文化的勝利に近づいてるのか分からん
(まだ勝っていないと仮定するならば)


アニメオタク外人さん
>>7
クールジャパン戦略を「ソフトパワー」云々と結びつけてる?
これまた興味深い質問だ
日本政府がやってるクールジャパンは混乱の種だ
官僚的な不祥事や非効率の源であり、実際には何もしてない

クールジャパンは失敗した
ところがその思想は大成功してる
日本の文化的資本は日を追うごとに増えていってる
アニメ、漫画は飛ぶ鳥を落とす勢いで、冬季オリンピックでユーリ!!! on ICEが注目されたり、有名人がファンであることを公言したりしている

オリンピック効果は既に現れていて日本への関心が高まってる
観光客数もうなぎのぼりだ
クールジャパン政策を失敗したのにもかかわらずソフトパワーが増大している

アニメオタク外人さん
他の国と同じようアニメを観ていない人はオタクアニメを敬遠してる

10 アニメオタク外人さん
ファンサービスより性的な描写に集中して叩かれてる
一般人は気にしてないのをアピールするために気味悪がったり無表情になるよう努めてる
そして気味悪がられるのはコンテンツ自体ではなく、オタクや視聴者
多くの若い女性は内容を見たからといって不安にかられることはない

むしろ反応は「なんだこのゴミ」「アホらしい」「つまらん」など
超人気作だったり、ストーリが政治的、声優が有名人でない限りメディアには取り上げられない
西洋よりは認知されてるとはいえ一般層に受け入れられるのはまだ先

日本人のほとんどが何らかのアニメを観て育っているから超ニッチとまでは言わない
子供向けや家族向けの作品はとても人気がある
若者は少年アニメ、少女アニメなら見るようだ
前で言われているよう漫画は別
漫画は読まれてる


11 アニメオタク外人さん
ほとんどの一般人は名探偵コナン以上のものは見ない
ファンサービス、ハーレムアニメはそういう一般人のレーダーには引っかからない
その手の作品が好きじゃない人が偶然ハーレムアニメを見てしまうなんて出来事は起こらない
アニメは最初からオタクか子供向けだと思われてるし

あとセクシュアリティやオタク文化が女性と対立してるってのは、「アニメは男しか見ない」が前提の西洋的な視点で非常に性差別的
日本でもオタク文化の中心は男性だけど、女性向けのエッチな漫画や乙女ゲームの中には男性向け商品よりもヒットしてるものがたくさんある
むしろ少女漫画のほうがエッチだ

もう一つの例はアイドル文化
市場規模で考えると男性向けアイドルと女性向けアイドルは同じレベル
男性向けのほうが若干大きい


12 アニメオタク外人さん
常に性、暴力、薬が出てくるアメリカのドラマと同じような感じじゃないかな
実際日本よりアメリカのほうが酷いと思うんだが、自分のような人は少数派で日本の感覚のほうが合ってるのかもしれない(間違った場所に生まれた)
日本人の意見を聞くQ&A動画を見ると、普通の人でもアニメについて話している

アメリカ人は性的欲求が抑えられないアルコール依存症で、いつまでも大麻の話をしているような人たちだ
どの職場に行ってもこういう奴がいる
ステレオタイプだが実際俺はアメリカ人でいい子ぶってる


引用元