Tulip

オタク外人さん(主)
注意深く読んでくれ

1995年~2000年のインターネット・バブルを見ると、現在の仮想通貨市場と非常に似通っている。
インターネット・バブルでは誰もが利益を望んでいた
誰もがウェブドメインに関連した企業を作ろうと躍起になっていた
必然的にバブルは崩壊し、2001年には業界全体がクソで覆われることになった

我々は今最終段階に入ろうとしている
誰もが仮想通貨で儲けようとし、無意味なトークンや業者が乱立している
バカなアダプターは仮想通貨のことを「イージーマネー」とか呼んでるようだが、インターネット・バブル下でもウェブドメインから得られるお金のことを同じように「イージーマネー」と呼んでいた

そして今、もはや我々は新しい通貨の発表に感動することはない
毎日新しいコインの発表で数十ページもの文章を読み、いくつかは既にあるコインよりも明らかに悪い
これらはインターネット・バブルで乱立した企業と同じく雑草のように生えてきて、中には時価総額でTOP100に到達するものもある
ここまで完全に合致していることを鑑みるに、仮想通貨バブルがはじける日は近い
今年か来年か2020年か具体的な時期は分からないが、確実にはじける


オタク外人さん(主)
しかしながら、インターネット・バブルがはじけた後のことを考えると
ここ10年で隆盛を極めているIT企業の多くがバブルの最中に設立された会社もしくはその前からあった会社だ
ネットに関する技術も然り
したがって悪いことばかりが起こるというわけではなく、問題はいつそれが起こってどう対処するかにある

我々は血まみれになるだろう
Redditは泣くだろう、ビジネス板は泣くだろう、インターネットが泣くだろう
電子マネーは混乱と絶望に泣き、多くの価格が地に落ちるだろう
誰もコインを持とうとは思わなくなるだろう

しかし、涙の中でルネッサンスを作り出すのは可能かもしれない
インターネット・バブルと同じく、バブル崩壊は業界の大掃除を行ってくれる
今ある特に存在理由のないコインは初心者を騙したり投資家からお金を引っ張ることを目的にしているので、そういうところは死ぬ
具体的にはREQ、Nano、Cardano、VeChain、Chainlink、Stellar、Dash、Ripple、NEM、IOTA、EOS、Tron(アンデッド)、FUNFAIR、Electroneumを始めとする多くのコインが死ぬ

生き残るのは本当の意味で興味深く有用な少数のみ


オタク外人さん(主)
ビットコインはデジタルゴールドとして生き残り、徐々に成長を続けていくだろう
そしてスマートな契約とアイデアでイーサリアムを統合する(自分が望んでるのはビットコイン以外のコインが生き残らないこと)
我々は待つ必要がある
列車は去ってしまったが、きっと戻ってくる
戻ってきたときには血まみれだ
しかしそのとき列車は我々の仲間であり、過去数年間に渡っていろいろなものを失ってきた我々すべてを乗せて運んでくれる
準備しろお前ら
何年も前から準備しておけ


オタク外人さん
Chainlinkは未来だ
そして毎年多くのニートが新しく取引に参加していることを忘れるな
だからお前の予測はクソだ
覚えとけ、ニートは未来なんだよくそったれが
受け入れろボケナス


オタク外人さん
>>4
90年代にはオタクは未来だった
パターンの繰り返し
そしていつも違うものが台頭してくる


オタク外人さん
夢をぶち壊すアイデアは買わない

オタク外人さん
VeChainは死なない
クソコインであることに違いはないが
それでも死にはしない


オタク外人さん
良いエッセイ
実際俺たちはバブル期にいると思うけど、インターネット・バブルと同じって意見は違うと思う
90年代に企業はウェブサイトを作ってたけど、そこから利益をあげていたわけじゃなかった
投資してもリターンがなかったんだよ

仮想通貨は払うもの払えば価値のあるものを買えるし、それを取引に使うことができる
最悪何も買えないという状況になったとしても現金に変えられる
仮想通貨バブルがはじける要因になるのは、ひとつ、あるいは複数のコインが急激に値上がりすること(Chainlinkで起こってくれと期待している)

また時間の経過とともに人々が一種類の優良なコインに集まっていく場合、ガス抜きができるのでバブル崩壊には至らない可能性がある

オタク外人さん
0点
スレ主は落第
38歳のおっさんが教えてやるよ
インターネット・バブルの崩壊はこんなもんじゃなかった
俺達が今いるのは1996年と同じ状況
大勢が既に儲けて引退し始めてる

本当のインターネット・バブルは1999年に起こった
既に上がりきっていた株価
そこに主婦層が飛びついた
政府は新興企業への税金を0にして煽った

本当にバブル崩壊する兆候ってのはな、TRONが100ドルになり、トークショーで仮想通貨が宣伝されて
「さあ今回栄えある1位に選ばれたのは自動車会社が提供するこの
ブロックチェーンプロジェクトだ!」とか言ってて、それを政府のエコノミストが大歓迎してるときだ

10 オタク外人さん
>>9
これ
多くの人が「仮想通貨」って言葉くらいは知ってるけど、それは主流のニュースでたまに取り上げられるからでしかない
今のところ20~35歳の小規模な取引者が群がってるだけだけど、ここに金を持っている起業家や40~50歳の高給職についている人が加わったら…
おそらくETFがトリガーになる

11 オタク外人さん
世界規模でのバブル崩壊はインターネット・バブルとは比べ物にならないものになる
インターネット・バブルは主にアメリカだけのことで、仮想通貨は世界規模だ
あの頃の時価総額が7兆ドル
俺が予想するに仮想通貨バブル崩壊時の時価総額は60~100兆ドルを超える


12 オタク外人さん
ゴミコインは滅び良いコインは残る
俺は主要な銘柄から6種類のコインを持ってるから大丈夫
それが10000000%になることがありえないのと同じく0になることもない

13 オタク外人さん
>>12
自分の持っているコインは0になることがないだって?


14 オタク外人さん
>>13
絶対にありえない
なぜなら俺が持ってるのはゴミコインじゃないし
人々が俺の持っているものに興味を失うことはない

15 オタク外人さん
長文読めないから1レスにまとめてくれ


信じるか信じないかはあなた次第です。


引用元