xbox

ゲームオタク外人さん
議論するまでもない意見
グラフィック至上主義はユニークなアートスタイルが普及することを妨害している
ゲーム開発者は「リアルさ」を求めるあまり魅力的なビジュアルの追求をしなくなった


ゲームオタク外人さん
確かに俺はもっと魅力的なビジュアルをしたインディーズの8ビットゲームをやりたい

ゲームオタク外人さん
グラフィックもある意味でアートスタイルと同義

ゲームオタク外人さん
これは議論にならないスレッド
大人数の開発チーム、とくにAAAゲームを開発しているところで独特なデザインを一貫して作るのは難しい
実際の問題「リアルなグラフィック」にするのが一番簡単なんだよ
誰もが現実的な壁や椅子がどんなもんか知ってるからいちいち「これはこんなデザインで」と言う必要がない

まぁ悪しきスパイラルに入ってるとも言えるがな
有名企業が膨大な予算をかけて現実的に見える無個性なキャラクターを作る
少しでも違うことをしているゲームに対して12歳のガキが「このキャラはゲイ!ゲイ!」と騒ぎ、結局は無個性のキャラが生み出される


ゲームオタク外人さん
>>4
なんでメインアーティストを雇わないの…?


ゲームオタク外人さん
>>5
アーティストがゲームを一人で作るには20年かかる
小さい会社なら一貫したデザインの独特なゲームが作れるが
小さい会社は小さいゲームしか作れないから全体には影響しない


ゲームオタク外人さん
>>6
だからコンセプトアートを用意すればいい
ゲームデザインをするのに同じ趣味をした200人のデザイナーを用意する必要はない


ゲームオタク外人さん
>>6
いや意味わからんわ
ゲームスタジオにはアートディレクターがいてその問題に対処してる
それに任天堂がいるだろ
任天堂のゲームは一貫したアートスタイルで有名だ

問題は一般人が欲しがっているのが「超絶リアルなクソ」だってことだ
もっと良いゲームを作るにはどうしたらいいかのアンケートをとるなどして
良いゲームには映画みたいなグラフィックは必要ないと知るべき

ゲームオタク外人さん
>>7
用意したとしてもチーム全員にその通り作らせるのはべらぼうに金がかかるし技術的にも難しい

>>8
任天堂は無関係
AAAゲームを開発してないし、西洋と同じ問題を抱えていない

10 ゲームオタク外人さん
これはグラフィックには関係ないんだけど
よりクリエイティブな「面白い」ゲームビジュアルが減ってるってマジ?
そういうのはインディーズに行ってしまったん?
思い違いかもしれんが、昔は「ジェットセットラジオ」とか「PSO1」とか「塊魂」みたいなカラフルなゲームがあったよな


11 ゲームオタク外人さん
>>10
うん日本のゲームは関係ないよ
灰色と茶色しかないゲームは西洋にしかないから

12 ゲームオタク外人さん
ユニークなデザインを作るよりリアルにしたほうが安く済むからね
実際「現実的」なモデルは外注で作らせてるし
こうすると社内のデザイナーに作らせるより格段に安くできるんだな
ユニークなデザインでゲーム作りをするのは大企業であればあるほど困難
だから彼らは何も考えずとも売れるリアルなゲームを作り続ける
お前らさ、多くのゲームで3DGCや音声、アニメーションデータが使い回されてること知らなかっただろ

3Dゲームのモデラーより


13 ゲームオタク外人さん
少なくともCupheadはよかった
逃げのドット絵ゲーじゃなかったし

14 ゲームオタク外人さん
スレ主に同意
馬に乗ってた頃は良かったよな
誰だよ車なんてものを開発したのは
「長距離を移動する感じ」が損なわれたじゃねえか


15 ゲームオタク外人さん
>>14
失せろゴミ野郎



引用元