zen

オタク外人さん
禅に関するオススメの本ってある?

オタク外人さん
アラン・ワッツ著『The Way of Zen』

オタク外人さん
鈴木大拙の『Introduction to Zen Buddhism』から始めるのがいい
かなり短く簡素に感じられるかもしれないけれど、禅とはそういうものだ

オタク外人さん
『Zen Teaching of Bodhidharma』(※達磨)
『Zen Teachings of Huang Po』(※黄檗希運)
『Instant Zen』(※仏眼清遠)
『Chan Whip』(※雲棲袾宏)

また年代順に南懐瑾の本を読むことも勧める
彼は最近まで禅による教育を推進していた教師だった
彼の弟子であるウィリアム・ボドリーの本もオススメ


オタク外人さん
>>2
>>3
失せろ

>>4
いいね
臨済義玄、趙州從諗、黄檗希運、雲門文偃、馬祖道一、南泉普願、仏眼清遠、達磨の説教集を読むべき
『Original Teachings of Chan』
『碧巌録』
『無門関』(
碧巌録とこれが読めない場合は禅に入らないほうがいい
『従容録』
弘忍についての記録

僧璨についての記録
(※全員中国の僧とその本)
(※Chanとは現代中国語で禅のこと)

オタク外人さん
>>5
*あくびをしながら*座禅にフォーカスした仏教は物質主義の別の形に過ぎない
カルトじみたニューロン農場に参加する気はない


nyu

オタク外人さん
>>5
定年してから読むようリストを保存したよ
ありがとう


オタク外人さん
スレ主、>>5は無視して鈴木大拙の本を読め
彼は一番最初に西洋に禅を広めた作家として権威がある

オタク外人さん
>>8
主要なテキストを翻訳できず、読者の大部分に本質を伝えれなかった時点で権威はない
日本には禅学校はないし
(※昔の中国では禅を用いた教育機関が充実していたらしい)

10 オタク外人さん
>>9
鈴木は日本語、中国語、サンスクリット語が堪能な翻訳者でもある
それに「禅」は日本語だ
中国にルーツがあるならば
Chanと呼ぶ
禅は日本の禅学校を指している


11 オタク外人さん
>>10
禅仏教は日本語だよ
ただし禅の語源がサンスクリット語の「
ディヤーナ」からきていることは日本人の皆が知っている
禅仏教は仏教+神道+侍文化+禅思想で成り立っている
オリジナルの禅とは大きくかけ離れたものだ
セレマやヘルメス主義について話すときにキリスト教を抜きにして語れないよう、禅を語るときにオリジナルを無視することはできない


12 オタク外人さん
これは仏教、道教、儒教の知恵を含んだ素晴らしい本だよ
彼らは全員同じことを言ってる
違う言い方で


bo

13 オタク外人さん
>>12
笑った


14 オタク外人さん
>>12
>>13
西洋から見ると、東洋の文化はあまりに自分たちと違いすぎてすべてが同じに見える
逆もまた然り
本当に没頭している人から見ると些細な違いでも巨大なものに感じられる

15 オタク外人さん
俺はこういう仏教スレを見るたびにこいつら矛盾してんなぁって思うわ
どこが起源だの何を読んだだのでいっつもレスバトルしてんじゃん
仏教は心を平穏に保つんだよなぁ?
西洋哲学のがよっぽどいいわ


16 オタク外人さん
>>15
仏教やダーマには統一された思想は存在しない
君が東洋の無秩序を前に逃げ出したことを残念に思うよ
そして西洋哲学は、議論や教養を前提としない自分自身を深めるやり方を扱ってない
西洋哲学は道教や仏教のいる領域には及んでない

17 オタク外人さん
>>15
仏教で合理的な議論はやらない
西洋でこれをやっていたのはプラトンとその思想を汲んだ哲学者のみ


18 オタク外人さん
>>15
仏教とはつまり「明確さの欠如」を受け入れることだ
どんなに複雑な事象を語ろうとも、人間には心がある時点で不明確なものだ

人生は、自分の周りで起こることを理解していくゲームだ
赤ちゃんの頃には何も知らなかったが、両親や周りの人たちが教えてくれた
大人になった今は自分が教えてやる番だ
西洋哲学の下で行われているのはすべてがこのゲームのルールにのっとったもの
どう語るか、どう広めるか、どう理解するか
それを楽しんでいるなら西洋哲学を学べばいいさ


19 オタク外人さん
なんで西洋人はこんなにも禅を愛してるの?

20 オタク外人さん
>>19
禅はさ、ギャーギャー言わねえんだよ
あれがリベラルで
あれが皮肉で
あれが世俗的で
あれが無神論で、なんてさ


21 オタク外人さん
>>19
究極的に静かな宗教だからね
俺らみたいなルーザーにはちょうどいいのさ

22 オタク外人さん
>>19
討論に参加する必要がないから
コンセプトは非常にシンプル:分かってしまえば簡単だが、話すのは難しい
それは風のように軽く、女の子のスカートの下にサラッと潜っていくようだ
このミニマルなスタイルが現代人にハマったんじゃないかな



引用元