hai

オタク外人さん
この男が哲学に多大な影響を及ぼしたってマジで言ってんの?
こいつはナチ野郎だぞ

オタク外人さん
ハイデガーはキェルケゴールをパクったって読んだことある

オタク外人さん
ハイデガーのニーチェに対する理解は浅かった

オタク外人さん
>>2
いいや
キェルケゴールとは全然似てない
むしろニーチェの影響を受けている
なんでデンマーク人なんかから影響を受けなきゃいけないんだ


>>3
NO
当時彼の理解は唯一正しいと言えるレベルだった

オタク外人さん
>>4
そのニーチェですらキェルケゴールと関連がある
間接的な方法でだが
超人(ubermensch ) VS 単独者(Hiin Enkelte)の構図

オタク外人さん
>>4
ニーチェに影響受けてるってどういう意味で?


7 オタク外人さん
>>6
両者ともドイツ人だったからだと思う


オタク外人さん
>>6
ハイデガーが初期に出した作品はほぼニーチェの写本と言っていい
いわゆる「現象学」がそれ
後年になってより複雑化したけれど、結局「上手く、詳しく書かれたニーチェの本」って感じ


オタク外人さん
彼のニーチェについてまとめたエッセイの中で、哲学史2400年で誰も存在論を理解しなかったと書いてある

10 オタク外人さん
彼が陶酔していたナチズムが失敗すると、途端に逃げ出して隠居生活に入った
そして現実世界を否定する方法を発明した
ハイデガーは現実世界における価値の顛倒という考えをぶら下げてポストモダニズムを提唱した
最初のうち彼の思想は無視されていたけれどソ連崩壊後に注目された
時間を経て注目された理由が「新しい思想だから」という奇妙さ

11 オタク外人さん
>>10
デリダは無視してなかった

12 オタク外人さん
>>10
ハイデガーはサルトル、フーコー、ラカン、デリダの協力を得てWW2以降も影響力を持ち続けた


13 オタク外人さん
>>10
ナチが崩壊する前に逃げて存在と時間を書いたとされている


14 オタク外人さん
ハイデガーの功績を理解しない人間はいかなる哲学も理解できない
自分は地球を台無しにした資本主義よりはナチズムをリスペクトする
>>10は妄想


15 オタク外人さん
>>10
再注目されたときに、左派系文化人の中で「ヨーロッパ人 VS 第三世界」の対立構造が流行ったんだよね
そこにハイデガーの思想はおあつらえ向きだった


16 オタク外人さん
なんでハイデガーみたいなナチ野郎の哲学が大学で採用されてるんだ?

17 オタク外人さん
ニーチェに対する理解が浅いってなんで?

18 オタク外人さん
>>17
ニーチェの思想は形而上学の終焉であり、ニーチェの思想の中だけですべてが完結している
そこから発展することはなくギリシア時代の哲学に戻っていくだけ
このような形で、ニーチェの哲学は哲学が連綿と受け継いできた思惟のリングを閉じてしまう
それではニーチェの思想をたどるには、どの程度過去まで遡ればいいのか?
彼は元の思想の形を維持しない
変化した思想の開始地点にいるのは誰か? という問題


(※おそらくハイデガーのニーチェについての講義をまとめた本の英訳翻訳版から引用しているようです。ニーチェの“永劫回帰”はそれ自体で完結した思想になっている。過去から似た思想を探せばパルメニデス、ヘラクレイトスが挙げられる、と彼らの思想を説明しています。説明して終わりです)

(※ただしこれでは何が浅いのか分からないので、同じ講義をまとめた和訳本からパルメニデス、ヘラクレイトスについて言及している部分を引用します)

(※『昔の最大の思索者であったヘラクレイトスとパルメニデスが認識の本質について省察したというのは、その通りである。(中略)しかしこれらの思索者たち、またこれに応じて近世の思索者たちが、19世紀の哲学徒流の《認識論》を《やって》いたなどと言うのは幼稚な意見であり(中略)ニーチェも嫌気と好奇心の相半ばする態度でこのよどんだ空気のなかで動き、それに左右されていたのであって、もしそうでなかったのだとしたら、ここで学究的《認識論》の空騒ぎに言及せずにも済ませていたであろう』――マルティン・ハイデッガー『ニーチェⅡ ヨーロッパのニヒリズム』細谷貞雄監訳、加藤登之男・船橋弘訳)

(※ハイデガーの浅さを説明するためにニーチェと両者の関係している部分を引用しているので、おそらくハイデガーの古代ギリシア哲学に対する読みが浅いということを言いたいのだと思います)

19 オタク外人さん
>>18
ハイデガーは哲学のメカニズムを説明するけど、細かい部分を拾わないよね
彼はニーチェを古代ギリシア哲学に関係ない部外者として書いてる
無理やり形而上学の系譜に組み込むもんだから、ニーチェの良さが損なわれてるよ
ハイデガーの哲学はニーチェの模倣ですらなく、完全にニーチェをバカに見せてる
彼の解説を読んでもニーチェを理解できないよ


20 オタク外人さん
>>18
お前バカすぎね?
ニーチェについても前ソクラテス哲学についてもまったく理解してなくて可愛いわ

>>19
おっ、お前は実存主義者バカだな
ニーチェもハイデガーも理解できてないからどっか行け


21 オタク外人さん
ハイデガーは間違いなく20世紀を代表する偉大な哲学者のひとりだ
世界に多くの影響をもたらした
アラン・バディウもイベントで「ハイデガーは世界に名を馳せた最後の哲学者」だと言ってる
彼の著作はサルトル、デリダ、レヴィナス、ガダマー、ジジェクらに影響を与え、全員が肯定的なコメントをしている
実は俺の学校の図書館にはハイデガーとナチズムの関係を書いた本が置いてある

22 オタク外人さん
>>21
正直彼がナチ哲学者だったってことはめっちゃ格好いい


23 オタク外人さん
>>22
なぜ?


24 オタク外人さん
>>23
国家社会主義は世界でも類を見ない大規模な変動だったから
ある意味あの時代を生きた者の死は伝説として語り継がれるだろう

25 オタク外人さん
>>24
そいつらが凄え奴だったならなんで失敗したんだよ


26 オタク外人さん
>>25
あるところで赤ちゃんが産まれました
この子は究極的に優れた遺伝子を持っています(癌にならない、超絶イケメンor美人、高知能)
しかし劣悪な病院で産まれたので早死し、ゴミ箱に捨てられました
さて、この子はなんで成功できなかったのでしょうか?


27 オタク外人さん
>>26
たとえ話は面白いけれど、まさかドイツ人が優れた遺伝子を持った民族だと思っているわけではあるまいな?

28 オタク外人さん
>>26
ドイツ人はそれほど完璧な人種ではないが、アングル人、フランス人は立派だな

29 オタク外人さん
ハイデガーは人類最後の偉大な哲学者だった

30 オタク外人さん
>>29
人類最後の偉大な哲学者はヘラクレイトスだろ


31 オタク外人さん
ハイデガーなんて過去の幼稚な世代のバカにすぎない


引用元