外人速報

アニメ、ゲーム、マンガ、バーチャルYouTuber、仮想通貨などに対する海外の反応をお届けします

    カテゴリ: アニメ

    uta

    アニメオタク外人さん
    OK、最初に質問の意図を明確にしたいと思う
    非オタクや一般人、大部分の人たちにとって、エッチ、ハーレム、ファンサービスアニメはどういうふうに受け取られているのか?

    つまりこれらのアニメ(に限らずゲーム、漫画でも)が日本国外にある場合、多くの人が「性差別」「ポルノ」「女叩き(これを指す正しい言葉が思い出せない。小児性愛や性虐待を「助長」する「未成年の」女性が出てくるアニメを叩くメディアが言ってること)」と判断する

    一方で日本はどう?
    日本のメディアやジャーナリストは過激なファンサービスや不要なファンサービスについて何か言ってる?
    日本の女性たちはこの種のアニメを観て不安を感じたりする?
    もちろんファンサービスのない良いアニメがあるのは知ってる


    アニメオタク外人さん
    面白い質問だね
    短い答えは「複雑」

    回答は2つに分ける必要がある
    この議論を進めるにあたって重要なポイントは「日本人を1つにまとめるべきではない」ということ
    異なる意見がたくさんある

    最初に理解しなければならないのは、いわゆる「オタク」や大半のアニメは非常にニッチな存在であるということ
    日本社会のはみ出し者
    事実「オタク」という語は80年代~90年代はじめにかけて、宮崎勤をめぐる報道の中で犯罪者や人非人といった否定的な意味合いで使われていた

    現在は多少マシになった(実際「クールジャパン」戦略ではアニメなどのオタクカルチャーを推進している)とはいえ、依然としてメインストリームにはなっていない
    よってアニメは今でもニッチだが、漫画は幅広く受け入れられている
    理由はオタク、子供、サラリーマン向けなどいろいろなジャンルがあるから

    大半の読者はオタク向け漫画を呼んでいない
    同時に少年ジャンプのような広く流通している漫画雑誌にはいろいろな層をターゲットにした漫画が共存してる

    文脈をはっきりさせるために、オタク文化が生まれた1980年代に戻ってみよう
    アニメや漫画には「ロリコンブーム」と呼ばれる時期がある
    現在の語義と比較して、この頃の「ロリコン」には様々な意味があった
    この頃発行されていたロリコン雑誌『漫画ブリッコ』に寄稿した中森明夫によって新語「オタク」が広まった


    しかし翻訳者のマット・アルトが指摘しているよう、
    中森や江冶ソン太はジャンルの悪趣味性を語りこそすれ、ロリコン自体の価値観や道徳観を疑いはしない
    「彼らは超えてはいけないラインをわきまえている。ロリコンがいけないことだと知りながら甘んじてそれを楽しんでいる。社会的立場に恵まれていない人は過度に求める傾向がある」

    彼が批判している態度を見ると、80年代当時は性的、暴力的なコンテンツが今以上にメインストリーム寄りだったことが分かる

    現代に近づくにつれ、性的なコンテンツを規制しようという試みが増えた
    一例は「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の改正
    「非実在青少年を守る」という名目で推し進めようとするも、大きな反発があり「非実在青少年」の部分が削除された

    でもこれは結局通過して今の漫画、アニメ規制の基準になってる
    採決される前に作られた漫画(蜜室)ですら規制対象になり漫画家は罰金をくらった
    罰金を恐れる書店は多くのエッチな漫画を自主規制することになる

    経緯はどうあれ今でも多くの日本人たちはファンサービスやエッチな漫画に無関心だと思う
    確かに口やかましい奴が何人かいるが、セクシュアリティの描写に寛容なメディアであり、アメリカのようにセクシュアリティを描くのがタブーという文化もない

    性的なアニメや漫画に対する大きなニュースはこれまでになかったと感じる
    2020年の東京オリンピックでは大量の外国メディアが日本に押し寄せる

    外国人メディアは国際的な炎上を誘発させようとしてアキバに行くか?
    わざとロリコン同人誌を報道するか?
    オタクの「良質な部分」のみをアピールしたい日本政府の圧力によって検閲が厳しくなるか?
    調べる必要がある

    アニメオタク外人さん
    >>2
    外国人メディアは国際的な炎上を誘発させようとしてアキバに行くか?
    カタールでワールドカップあるじゃん
    あれ奴隷労働させてるけど炎上してない

    ブラジルのオリンピックも無問題だった
    文字通り腐敗の温床だったのに
    オリンピックに向けてリニア作るつって2億7000万USDが闇に消えても誰も取り上げなかったろ
    国際社会が気にしたのはプールに過酸化水素が入ってたから緑色になっちゃったよってことだけ
    ちとメディアを過大評価しすぎ

    アニメオタク外人さん
    >>3
    彼らが取り上げるのは「問題にしたら面白くなりそうなこと」だから
    奴隷と汚職――つまらん
    フィクションのポルノ――これは大問題だ!(即答)
    オタク社会とオリンピックに向けてのクールジャパン戦略には確かに軋轢があるね

    アニメオタク外人さん
    その国に人が行かなくなるような問題を引っ掻き回すことはしないと思う
    比較的どうでもいいような問題を取り上げる傾向がある
    プールが緑色になったとしても観光客にはどうでもいい
    汚職や腐敗はヤバイ

    リオは世界で最も危険な都市のひとつだけど、観光客はそんなこと気にしなかったし、メディアも無関心だった
    ワールドカップに際して起こった暴力問題を取り上げたメディアも皆無
    たとえアキバを攻撃しても、みんな世界で最も危険な都市にすら行ったんだから、それほど影響があるとは思えない

    要するにオリンピックの報道をするメディアは、オリンピックに行かなくなるような報道はしない
    内容を安全、陳腐、単純なものにする
    毒殺が騒がれてたのにみんなロシアのワールドカップを見に行ったんだ
    カタールにも行くだろう

    【アニメって日本の非オタク、一般人(とくに女性)にどう思われてるの?】の続きを読む

    se2

    アニメオタク外人さん(主)
    ※原題:西洋基準では優れていてもアニメコミュニティには賞賛されないアニメってある?

    母親がヴァイオレット・エヴァーガーデンを見ているのを眺めていて思った
    母はアニメファンじゃない
    普通の人と同じで、ポケモン+大きな目+DBZみたいなものだと考えてる

    何が言いたいのかというと、VEGは西洋の視聴者に親しみやすい
    母に四月は君の嘘を見せてみたときは、1話で脱落してた
    VEGは西洋の基準に合う形で特化していて、例えば舞台が日本ではないという設定の時点で大きな利点がある
    つまり学校の行事などの事前知識がいらない
    テレビドラマを見るのと同じ感覚で話に入っていける

    2つ目の理由は京アニのクオリティ
    母が言っていたよう「映画レベル」だ

    アニメコミュニティに賞賛されないというのは、これはもちろん口やかましい人たちの意見だ
    でも言いたいことはなんとなく分かるようになった
    アニメコミュニティの人たちは、普通の人が気にしない評価基準を持ってる(宣伝、展開など)
    とはいえ普通の人もまったく気にしないというわけではなく、ちょうど西洋作品を見るのと同じ感覚でアニメを見てる(自分がVEGを見たときの感覚と一緒)


    スレタイを詳しく説明させてもらうと、要するにアニメの知識がなくても西洋の作品を見ているかのように楽しめる作品があるのではないかってこと

    要約:
    今まで会った中で最もアニメを知らない人を想像してください
    どんなアニメなら彼らも楽しめますか?

    (※スレ主はこの人です)

    外国人「アニメ新参者の自分がオタクコミュニティを観察して気づいたこと」

    アニメには誰もが観るべきポジティブなメッセージを含んだ作品がある?

    アニメオタク外人さん
    タイトルがややこしいし投稿の内容と違う
    スレ主が話してるのはアニメ視聴者以外でも楽しめるアニメね
    基準というのは「比較における指標、考え方、規範、または基準となるモデル」のこと


    そのタイトルだとアニメファン以外が楽しめるアニメではなく、アニメコミュニティが西洋の標準よりも高い基準を持ってるという意味になる
    正しいタイトルは「どのアニメが西洋で評価され、アニメコミュニティからは敬遠されるの?」

    答え:無価値なもの

    アニメオタク外人さん(主)
    >>2
    質問が明確になったね
    実際そう言いたかった

    アニメオタク外人さん
    THE ビッグオーがそうか
    日本ではあまり人気がなかったが、アメリカで人気になりアダルトスイム、カートゥーン ネットワークで2期が作られた


    アニメオタク外人さん
    渡辺信一郎が言ってることがすべて
    カウボーイビバップは非常に不明瞭な作品だから、それが西洋人にとってのゲートウェイアニメになるとは思わなかった

    これは日本では人気がなかったという意味ではないが、西洋のウケ方とは違っていた

    西洋人は日本人とは違うものを期待してアニメを見ていると思う
    渡辺は西洋人を魅了した典型的な例だが、毎度成功するというわけじゃない
    確かに今では西洋のオタクコミュニティが大規模化して、幅広いタイプのストーリーを理解できるようになった
    いろんなジャンルに精通してる人が出てきた

    しかし今でも文化的な違いが数多くある
    洋ドラにあるようなキャラ設定、展開の仕方、雰囲気の一貫性、完結の仕方、特定の場面でのどんでん返し、話ごとの引きなど我々が独自に設定してる物語のルール

    こういうタイプに慣れてる人にオススメできるアニメはいつも同じになる
    DEATH NOTE、鋼の錬金術師、リゼロ、
    カウボーイビバップ、サムライチャンプルー、グレンラガンなど
    これらの作品を見ておけば他のアニメを見るにあたっての基本が身につく
    ギャグ場面でのデフォルメ顔、変わったコメディ、一般的な奇妙さを受け入れやすくなる
    【アニメを見たことがない西洋人にオススメできるアニメってどういう基準の作品?】の続きを読む

    ake

    アニメオタク外人さん
    本当の目的は何なんだ?
    まどかが愛してくれないからああやってんのか?
    「まどかには本当に幸せになってほしいから」と言う人もいるだろうが、永久に続けるのは無理だぞ


    アニメオタク外人さん
    永久に続けるのは無理だぞ
    ほむらならできるよ

    アニメオタク外人さん
    ガチで解決するって約束したから

    アニメオタク外人さん
    まどかは最も幸せな魔法少女だ

    アニメオタク外人さん
    >>4
    うんでも神ではない
    【外国人「暁美ほむらの目的は何?まどか☆マギカは本当に“魔法”モノだったの?」】の続きを読む

    hen
    アニメオタク外人さん
    アニメを見る前にヘンタイを見た友人がいる
    アニメを知らないのにヘンタイを楽しむのは変だと思った


    アニメオタク外人さん
    あー、俺は良いキリスト教徒ですよ

    アニメオタク外人さん
    >>2
    聖書はお気に入りの漫画だ


    アニメオタク外人さん
    いうて聖書は結構エッチだった

    アニメオタク外人さん
    >>4
    雅歌以外でエッチな部分あるか?

    【外国人「アニメとヘンタイどっちを先に見た?」】の続きを読む

    madao

    アニメオタク外人さん(主)
    待望の銀魂新作の放送が再開され、高品質のエンターテイメントが復活した
    銀魂ユニバースには非常に多彩なキャラクターがいる
    痔の忍者、サディストの隊長、ゴリラの局長、不気味なペットを飼っている攘夷志士など
    今回はこの中から特定の興味深いキャラクターを見ていこうと思う

    The MADAO
    マダオとは多くの意味を持つ頭字語であり、絶望的、悲劇的な人生を表している
    不器用なホームレス、一日中何もせず酒を飲み人生を無駄に過ごしている浮浪者
    何をしようがその悲惨さからは逃れられない人物
    略語が意味する内容は下記の通り

    Middle Aged Dumb Ass Oldies
    MAtomo ni DAkaretakunai Otoko(誰にもデートを望まれていない男)
    MAjide DAssai Oyaji(本当にイケてないおっさん)
    MAssugu ikite no DAinashi na jinsei na Ojisan(好きなように生きても何も達成できないおっさん)

    アニメ188話ではユニークな髪型の子供がマダオの観察日記を読み上げた
    「マダオは公園のヌシです。髭の生えたグラサンの生き物で、基本一日中働かずに公園でじっとしています」
    LOL マダオには希望があるのか? いつ安定した職に就くのか? いつ幸せになるのか? なぜこんなことをしているのか?

    答えはマダオの哲学にある
    具体的に言うならば、長谷川泰三の哲学にある

    彼は本質的に利他主義者で実存主義者だ

    1)利他主義マダオ

    利他主義とは「他者のために己を捨てる信念を持ったり実践したりすること」と定義されている
    長谷川がいかに利他的かを見ていこう

    95話で彼は誤って女性にキン肉バスターをかけた疑いで刑務所に送られてしまう
    当然それは事故だった
    裁判で彼は勝訴し、刑の代わりに奥さんとの関係を修復するよう言われた
    彼は恥ずべき事実を受け入れて奥さんのためにそれを行った

    248話『マッドドッグマダオネア』はスラムドッグ・ミリオネアのパロディで、金持ちになりたい男としてゲームに参加する

    桜島千春はマダオネアに出場したいという夢を語る
    金持ちになれば借金が返済できるし、テレビに出ているところを見て蒸発した父親が戻ってくるかもしれない
    その後回想が続き、母親が病気になり千春はホームレスになる
    そして長谷川が世話をする

    公園で共に眠るうち彼らは近づいていく
    結局、長谷川は千春の父親になる

    なんで俺は泣いてる?

    その後父親が帰ってきて、長谷川が借金を肩代わりすることになる
    だから彼はマダオネアに出場した
    千春の家族を救うために金を稼ぐ
    他人のために責任を負った
    結果取り立て屋に苦しむハメになるが、千春を幸せにすることはできた

    ここで188話に戻ってみよう
    大五郎が観察日記を発表するエピソードだ
    彼は長谷川を家に連れ帰り世話をしてやる
    大五郎はマダオを犬として飼った

    この日記には大五郎にはかつてマダオである父親がいて、彼とお母さんを不幸にして家を出ていった事情が書かれていた
    最終的に大五郎のお母さんがマダオに関心を寄せるようになり、長谷川は家族として迎え入れられることになった
    さらには就職のチャンスも見つけた

    面接の待機中、長谷川はマダオではなくなった大五郎の父親と出会う
    父親はどうやってマダオを脱したのか、就職することで家族の元に戻れるのではないかということを話す

    残念だがそのポジションにいられるのは1人だけだ

    長谷川はわざと酔っ払って暴れ、大五郎の父親に職を譲った
    当然その結果大五郎のもとに戻れなくなるだろうことは分かっている
    彼は姿を消し、公園のヌシに復帰してポジションを開けてやる

    その後大五郎は公園のベンチで長谷川と再会する
    わざと暴れて就職しなかった長谷川に怒りをあらわにするけれども、なぜ彼がそうしたのかちゃんと理解している
    家族が再会できるよう自分から身を引いたのだ

    2)実存主義マダオ

    実存主義では「人は自らの自由意志でもって行く先を決めるべき」と言っている
    外部の力に頼るのではなく自分自身で良くなっていこうという考え方だ
    『ツァラトゥストラはこう語った』おいてニーチェはこう言っている
    「弱者は宗教、ナショナリズム、民主主義、あるいは別の手段で現実から逃避する」

    人間は社会が定めた倫理規範から離れた形で価値観や信念を作り上げるべきだ

    7話で長谷川は宇宙人に支配された江戸政権下で働いていて、宇宙人のペットのタコを保護しなければならなかった
    最初は仕事に忠実だった彼も銀時の行動に突き動かされ、宇宙人を殴り職を失うことになる

    その瞬間、マダオは生きるのために多数派に従うのはやめようと決意し、たとえ危険であっても自分の道を行こうと決めた

    同様に95話でも決意が見られる
    上で挙げた裁判のエピソード

    まず彼は幸福は決して得られないだろうと考えている
    銀時に首吊り用の縄を持ってくるよう頼むが、銀時は拒否し弁護士として登場する
    語られるマダオの過去
    彼がいかに「こうでなければならない」に逆らってきたのか

    人は克服するものだ
    だからこそニーチェは『ツァラトゥストラはこう語った』で「良い生」がなぜ良い生なのか突き詰めるよう模索することが良い生に繋がると書いている
    『人間は克服されなければならない何かだ。君は徳を愛するだろう。それによって滅びるとしても』

    16話で長谷川は失業している
    欲望が苦しみを生むとしても、とにかく仕事を探しはめる
    最終的に彼のアイデンティティを成す重要な要素であるサングラスを犠牲にしてタクシー運転手になる

    仕事で宇宙人の王子を乗せているときに、今にもお産が始まりそうな妊婦に出くわす
    宇宙人は妊婦を無視するよう言うが、長谷川は宇宙人の顔面を殴りつけ仕事をやめた
    彼はなぜ仕事をクビになったのか尋ねる神楽
    長谷川は仕事よりも自分の価値観や信念を優先させる
    だから失業したのだと彼は答えた

    自分を貫き通した結果惨敗する彼を愛してる
    長谷川はアニメの中で何度も自殺しようとするが毎回失敗している
    彼が本当に惨めだとしたら、なぜ「死ねない」のか?
    これはジャン=ポール・サルトルが打ち出した実存主義の概念である『実存は本質に先立つ』のせいだ

    彼はこの『実存は本質に先立つ』を説明するために「本質は実存に先立つ」について話す
    例として挙げられているのはペーパーナイフ職人だ
    職人はペーパーナイフを作る前に、それが作られる理由を知らなければならない(紙を切るのに使う)
    つまり作られる前にペーパーナイフの本質は決まっている

    もし神が存在するならば神が職人だ
    我々人間がペーパーナイフ
    つまり人間の本質はあらかじめ神に定められていて、自分自身でどうこうすることはできない
    自由意志がない
    よってサルトルにとって神の存在する世界が「本質は実存に先立つ」になる

    サルトルは人間が先にいたと信じてる
    だから我々は自分自身を定義づけたり、何のために生きるのか自分で決めることができる
    著書『実存主義とは何か』でこう書いている

    『最初人間は何者でもない。自分自身でそれを創り上げる。したがって人間の本質はあらかじめ決められておらず、実存が先行した存在である。だからこそ、人間は自ら世界を意味づけ行為を選び取り、自分自身で意味を生み出さなければならない』

    ニーチェは『偶像の黄昏』でこう書いている
    『なぜ生きるのか知っている人間はどんなことにも耐えられる』

    まぁ、哲学たっぷりって感じやね
    これが長谷川とどう関係しているか
    彼はアニメを通して多くの不幸を経験する
    それでも死なないのは、それが彼の人生の理由、本質だからだ
    マダオの本質とは、別れた妻ハツとの未来だ

    155話で長谷川と銀時は競馬に負けるが、長谷川は諦めない
    たとえパンツ一丁になってもハツがいるから耐えられる
    このように、どれだけ不幸になっても彼は挑戦し続ける
    ハツとの幸福な未来を目指して

    結論

    マダオは「成功するためなら何でもしろ」ということを我々に教えてくれている
    「本当に必要なものさえあれば最小限のものだけで生きていける」ということも教えてくれる

    これを読んだ人が面白いと感じてくれたり、悟ってくれていたら幸いだ
    Thanks for reading. :)


    アニメオタク外人さん
    なんでこれを全部読んでしまったのか分からん

    アニメオタク外人さん(主)
    >>2
    それは君があまりに多くの暇があるマダオだからさ


    アニメオタク外人さん
    >>3
    もし俺がマダオじゃなかったらチップを渡してた


    アニメオタク外人さん
    長谷川が自分自身に打ち勝ってハツと暮らすようになるまで銀魂は終わらない
    【銀魂分析:マダオの哲学】の続きを読む

    このページのトップヘ