外人速報

アニメ、ゲーム、マンガ、バーチャルYouTuber、仮想通貨などに対する海外の反応をお届けします

    タグ:アニメ

    dari4

    アニメオタク外人さん
    ヒロとゼロツーのほろ苦いエンディングになることを恐れながら最終回を待っていた
    驚くべきことに、この結末を見てホッとしている自分がいる
    なんでこんな気持ちになったのか理解するのにちょっと時間がかかった
    たぶん理由は下記のこと

    彼らが13部隊と再会することはなかった
    同じ半叫竜として共に暮すわけでもなかった
    あれだけの苦痛に耐えたんだから幸せになるべきだと心から思っていた

    しかし、ヒロとゼロツーに訪れた結末は、世俗的なハッピーエンド以上のものであり、これこそが真の美、日本の美学であるwabi-sabi(侘寂)だったんだ

    侘び寂びとは、欠陥、不完全性、未完成、不均一、儚さ、泡沫的なものに美がやどるという世界観、美学だ
    一般的には生命の無常さについての考え

    これは作中で何度も暗示されていた
    例えば

    1)比翼の鳥には欠陥があるがつがいなら飛べるというのは結婚の比喩であり、私たちが互いにどう尊敬し合うか、ひとりでは決してできないことがあるかを示している

    2)「桜」というテーマが繰り返し示されている。第13移動要塞都市はセラススと呼ばれていて、桜の木を意味している
    ゼロツーの髪の毛は桜色だ
    桜はもののあはれを示す日本の象徴でもある
    この花のイメージが随所に散りばめられているのは、この作品が無常観と生命の循環をテーマにしていたからだ

    3)ヤドリギもまた伝統的な再生のシンボルだ
    春が近づくと、冬の間に活力を蓄えていたかのように一気に育つ
    でも実際のヤドリギは寄生樹だから宿主から命吸い取ってるんだけど

    4)パラサイトたちは大人と違い不完全に作られている
    意図的に導入された不完全性は「侘び」そのものだ
    年齢の描かれ方は摩耗やくたびれた感じを出す「寂び」を示している

    5)ヘラクレイトスを引用した「同じ川には二度入れない」も万物の流転や無常を示している

    6)この作品で目立っている北欧神話要素
    北欧神話は生命のサイクルが根底にある
    フリングホルニの出発はラグナロク(神々の黄昏)の始まりであり、世界の破壊と再生を意味している


    結末だけではなく、アニメ全体に散りばめられたこれらの要素を念頭に置いて観れば、なぜこうなったのかがはっきり分かる

    APEとVIRMは侘び寂びの正反対を示している
    彼らは自然のサイクルに逆らって永続性を求めてる
    死も生もない永遠の存在を

    10話でお爺さんお婆さんが出てきた
    彼らは無意味な幸福に浸っていた
    フランクス博士は回想の中で言った
    「紛れもなく私が見てきたものの中で一番綺麗だった」

    最後の戦いでこのふたつの世界観が激突した際、ヒロとゼロツーは文字通り感性をもって結末へと導いた
    死によって新たなサイクルが始まる
    VIRMが奪った魂は解放され再生される

    そうはいっても、「永遠の存在」はいつの時代でも王様や男性の夢だった
    神のように不滅な存在
    VIRMが「滅びはしない」って言ってたのはそれが理由だと思う

    思想まではなくせない

    最後の手がかりは、ゼロツーの石像が壊れたあとに出てきた苗木
    これは転生したヒロとゼロツーが出会う場所になる桜の木
    永遠にも思える年月が経ったあと、彼らは戻ってきて約束を果たした
    これはenso(円相)の思想
    サイクルが完成したことを示している

    だからこの物語は完全な終わりじゃない
    みんなが求めてたおとぎ話の結末じゃない
    こうなってほしいという結末でもない

    それでいい
    ふさわしいエンディングだった
    美しい物語は新しいスタートに戻ってきた


    アニメオタク外人さん
    俺的にこのエンディングの問題はメッセージの内容じゃなくて伝え方だったと思う
    スレ主が言ったとおりVIRMは敵役として最適だった
    でも出てくるのが遅すぎ
    もちろん前々からAPEってのがいたが、本当の動機がなかなか明かされなかった
    初期はかなり曖昧だったし

    正体が判明した頃にはもう風呂敷を畳むための道具でしかなかった
    宇宙でデカイことしてる巨悪という

    ヒロとゼロツーの話、終わらせ方に関しては同意
    13話の回想やココロとミツルの記憶の再生と繋がるから

    こういうテーマが重要な作品だったのは事実だが、終わらせ方、覚醒展開は駆け足すぎるだろう
    何をどう見ていいかわからんわ

    21話までは良かったと言いたい
    だが結局どうなった?
    同じことの繰り返し
    ヒロがゼロツーを追っかけて窮地に陥ったら現れる

    このシーンはかなり馬鹿らしかった
    重要性も恐怖感もまったく感じられず、単なる「友情パワー」の乱用で乗り切った

    更にはご都合主義展開もある
    ナインアルファがそれ
    おあつらえ向きの犠牲として選ばれた

    個人的に一番の問題は宇宙に行ったゼロツーの変化と、何がなんでも宇宙で戦おうって姿勢
    敵は宇宙人じゃなくてAPEと非宇宙人でよかったじゃん
    普通に第13都市で最終決戦でよかったじゃん
    叫竜の姫はすぐに捕まるのではなく第二の敵にするなどの活用方法があったと思う
    ナインも第二の敵になり得た

    どうしてもスペース・ファイトを見せたかったというわけではないならば、ちゃんとした展開で同じ結末を描けたはずだ
    例えばVIRMは負ける前に統治をやめコドモたちが復興するなどすればラグナロクのテーマも生き残る

    現実には22話あたりで宇宙編の存在がストーリーを圧迫しはじめた
    最終回のために何がなんでも宇宙に行こうってんでキャラが矛盾しだした


    アニメオタク外人さん
    >>2
    それはちょっと王道すぎる
    個人的にはナインや叫竜の姫は脱王道を試みた結果だと見た
    両者はどちらもライバルになるように見えた
    でも結局両者とも納得できる理由があったうえで味方になった
    俺は王道を離れたこういうミスリードを誘うキャラが好きだった

    これはトリガー作品の裏にあるテーマを描く意味もあった
    「敵は思ったより敵じゃない。同じ場所に立っている。本当の敵はエーテル的なものだ」という
    このテーマは『グレンラガン』『キルラキル』『リトルウィッチアカデミア』にもある

    最後ヒロとゼロツーが死んだのにまったく恐怖感がなかったのは奇妙な感覚だった
    主人公が死んだにもかかわらずハッピーエンドにもっていった制作陣は賞賛に値する

    もっと良いやり方があったってのは同意
    叫竜の姫はもっと掘り下げてほしかった
    ゼロツーは快活な性格を失った
    宇宙とVIRMはもっと前に導入できた

    結末は良いと思うが好きじゃないし完璧でもない


    アニメオタク外人さん
    俺APEってもっと別の勢力だと予想してたわ
    悪事を企んでる人間以外の生き物だと
    急に宇宙に行ったことは気にならなかった
    まぁ間にもう1、2話入ってたら自然だったな


    アニメオタク外人さん
    駆け足だったのが唯一の不満だな
    もっと話数があったら良いペースでいけたってのは間違いない
    描きたいことがあったのは分かる
    伝える時間がなかっただけ
    【賛否両論のダーリン・イン・ザ・フランキス最終回、楽しんだ外国人と楽しめなかった外国人】の続きを読む

    ara

    アニメオタク外人さん(主)
    主人公が頭や心の中で話してる場面だけじゃなくて、実際に声に出して喋ってるのもそう
    理由をちゃんと説明してるのは『斉木楠雄のΨ難』だけだと思う
    新しいアニメでは『殺戮の天使』もそうだけど、設定で部分的に説明されてる

    他ははっきりした理由がない
    なんで独り言を言ってるのか?
    おそらく文化的なこと?
    日本人は独り言が多い?

    検索してみたら2年前にこんなディスカッションがあったhaha

    URL

    概要

    なぜアニメキャラは思考を声に出すのか?

    登場人物の行動を描く代わりにモンタージュを挿入したり思考を声に出させることでコストを削減できる
    思考を声に出すことは、キャラと視聴者を近づける効果がある
    これは地の文的(登場人物以外の声のナレーション)よりも効果的で、劇中に発せられている実際の音として認識されるので、他キャラとの関係が生まれ物語が動くきっかけにもなる

    同時に独り言は解説にもなり得る
    一番の理由はこれ

    このアニメ文法について、視聴者が知っておくべき事柄は2つ
    1)尺稼ぎ
    2)物語の要点説明
    時には物凄くうっとうしく感じられるけれど、上手くやっているなら問題なし

    この話はアニメが「Show, don't tell(語らず見せる)」を取り入れるべきという論争に繋がっている
    これには少し解説が必要だが、興味深い話なのでぜひ

    アニメアナリストのDigibroは、親密であるはずのキャラクターが互いに既に知っているはずのことを必要以上に詳しく喋る現象について説明した
    (※Digibroとはジョンレノンみたいなアニメ語りYouTuber。少し頭が変になってきたようで、視聴者から酒を控えるよう言われている。昔はちゃんとしていた)

    キャラYの父親の死について、まるで記憶喪失の治療のように語る例

    X「大丈夫?」
    Y「うん、ちょっとお父さんのことを考えてて……」
    X「君のお父さんが政戦でアフリカの軍事基地に赴いていた際に、2km先にいるスナイパーに撃たれ銃弾が心臓に2cm食い込んで死んだことをまだ考えてるのか?」
    Y「うん、そしてお母さんは今……(泣)」
    X「俺がお前の力になる」

    解説が少しマシになった例

    X「大丈夫?」
    Y「うん、ちょっとお父さんのことを考えてて……」
    X「俺がお前の力になる、いいね。お母さんは元気?」

    これで要点は得られる

    基本的にアニメは素早く物語の基礎を作り上げる目的で情報の大量公開をやってる
    キャラクターに喋らせるという技法で
    物語後半にかけて会話劇で情報を明かすこともできるだろうが、中身を知らない視聴者を繋ぎ止めるには情報が必要
    それでどんどん独り言が増えた

    時には上手くいく
    それ以外だと失敗する!

    語らず見せている(らしい)シーンから読み取った外国人の例


    アニメオタク外人さん
    うん、俺たちはキャラが何を考えてるのか聞こえるよな(?)

    アニメオタク外人さん(主)
    >>2
    もちろん
    でもアニメーションで「見せる」ことはしない
    アニメはラジオドラマや小説じゃないよな?
    やっぱり予算のせいか……
    頭の中で話すのはまだ平気
    でも実際に声に出すのは変


    アニメオタク外人さん
    >>3
    彼らは自由に製作してるからね
    機微に富むものだけが最高の作品ってわけじゃない
    時には詳細な語りも必要さ
    そっちのが簡単で分かりやすくもあるだろう

    あと思考よりも喋るほうが没入感が生まれる
    そのキャラがどういう言葉遣いをするのか分かるし


    アニメオタク外人さん
    >>4
    頭や心の中で喋ってる場合は言葉遣いが分からないのか?
    心理描写で上手くいってたのは『僕のヒーローアカデミア』だと思う
    声に出す/頭の中で喋る/思考すべてが入ってた
    そして思考を声に出すデクに対する周りの反応が自分と同じだった
    【日本のアニメって独り言多くない?】の続きを読む

    VEG2

    アニメオタク外人さん(主)
    アニメを見ていたら形而上学的な疑問がふつふつと湧いてきた
    アニメには誰もが観るべきポジティブなメッセージを含んだ作品がある?

    実は前にここで質問した直後から悩み始めた
    そのとき露骨にFree!を褒めてしまった!
    その後ヴァイオレット・エヴァーガーデン、orangeを観て、ますますこの問いをどうにかしなければと考えるようになった

    最初にFree!を例にする
    このアニメには「友情」「自己を克服すること」「未来(変化に挑戦する方法、先のことは分からない、など)」といった素晴らしいテーマがある


    もちろん、みんなが言ってるようこのシリーズには他にも主要な目的がある
    女性のためのファンサービス
    1期2期と映画を一気に観て(クレイジー?)それが理由で切る人の気持ちを理解した

    もしこのアニメの性別が逆で、筋肉が強調されるシーンの代わりに女の子の胸が強調されてたとしたら真剣に観るのは難しかったと思う

    以上の理由から、『Free!』は趣味趣向を超えるテーマを持った作品ではない

    次にヴァイオレット・エヴァーガーデン
    この疑問を抱かせた張本人
    このアニメのテーマは重く、「戦争」「死」「トラウマ」「敗北」といった普遍的なところをカバーしている
    ヴァイオレットだけに焦点を当てないことで物語に深みが生まれていて、実際彼女が抱えているもの以上のことを感じられるようになってる

    だからヴァイオレット・エヴァーガーデンが趣味趣向を超えた作品だと思う
    しかし何かの理由でこの作品を憎んでいる人には効果がない
    他の作品も同じ

    orangeについてはかなり分かりづらいから、最初にあらすじを読んでほしい
    このアニメは深刻なテーマを扱っていて、うわべだけのプロットとは一線を画してる

    正直に言って、最初の2話を見たあと少しあけてから続きを観てほしい
    するとこのアニメが一般的な日常系(slice-of-life)ではないと気づけるはず
    好きかどうかにかかわらず、この作品のもつ「現実」に引き込まれるのを感じられるはず

    この2作品を贔屓してると思うかもしれないけれど、絶対にそれはないと言いきれる
    日常系(slice-of-life)アニメに偏見があった自分がそう感じたわけだから、最終的には内容にかかわらず得られるものがあると思う

    自分の見方が他人と違うことはわかってる
    間違ってると思った部分は指摘して
    読んでくれてありがとう!


    アニメオタク外人さん
    ヴァイオレット・エヴァーガーデンを嫌ってる人の量を考えるとノーと言うしかない

    アニメオタク外人さん(主)
    >>2
    自分の経験から言えるジャンルを超えて観るべき作品はありますか?


    アニメオタク外人さん
    >>3
    ジャンルの趣味を超えて楽しめる作品はたくさんあるだろうが、大勢がそれに同意する作品はないと思う


    アニメオタク外人さん(主)
    >>4
    本当に!?
    驚いた
    でも前にアニメ業界の広さについて書き込んだから理解できる
    【アニメには誰もが観るべきポジティブなメッセージを含んだ作品がある?】の続きを読む

    end

    アニメオタク外人さん
    エンドレスエイトについてどう思う?

    アニメオタク外人さん
    アニメ板の人と共にエンドレスエイトに苦しむ夏は二度と来ないと思うと悲しい

    e8

    アニメオタク外人さん
    >>2
    こりごりだ


    アニメオタク外人さん
    >>3
    トリップすらつけていないコテハン
    大量の怒り&驚愕画像
    うんざり

    アニメオタク外人さん
    >>4
    若人よ、時代が違うんだよ
    【外国人「改めてエンドレスエイトをどう思ったのか語ろう」】の続きを読む

    sin4

    アニメオタク外人さん(主)
    3月からアニメを見始めた新参だけど、いくつかの作品は不当な評価を受けていると思う
    例えば『Free!』がそう
    簡潔に言うと、
    『Free!』を見て春アニメのどれよりも感銘を受けた
    以前見たアニメといえばポケモンくらいのものだったから、一般的なキャラクター、アニメーションのクオリティ、文法に触れてこなかった
    だからこそFree!のプロットやキャラクターに惹かれたんだと思う

    シリーズ全部を見終えたあと、Tumblr周りで起こったいざこざを発見した
    どうやらこの作品は「女向けのファンサービスアニメ」としてディスられているらしい、と
    見ている最中は思いもしなかったことだ
    みんながこの作品の長所である部分を「スイミングファンサービスアニメ」とカテゴライズしているのが悲しかった

    次に似た経験をしたのは『サンリオ男子』を調べたとき
    サンリオの宣伝だと批判されていた
    自分はこの作品のメッセージ性が好きで、忘れがちな過去の重要性がテーマになっていると思って見てた


    その次に『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を見て、アニメーションに感動したときに唐突にひらめいた
    アニメの種類はとてつもなく多い
    見れば見るほど感動は薄れていき、「○○は✕✕の別種なだけ」という見方をするようになる
    あるいは単に好みじゃないから駄作と言う

    自分はアクションアニメにあまり関心がない
    進撃の巨人』『カウボーイビバップ』『DEATH NOTE』『ONEPIECE』『ヒロアカ』『ワンパンマン』
    こういうみんなが好きなアニメの名前を挙げて、「こういうのは見ないわ」と言ったらどういう気持ちになるか
    馬鹿にしていると思うだろうか

    『Free!』『サンリオ男子』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』『四月は君の嘘』『ユーリ!!! on ICE』『わたモテ』をディスってる人を見て同じ気持ちになったよ


    要約:アニメを巡る意見の相違があることを学んだ
    ここまで読んでくれてありがとう
    🙏
    みんな間違いを指摘したり自分の意見を言ってくれたら嬉しい😄

    アニメオタク外人さん
    みんなが傑作だと言っているアニメを知ってる
    でもそれは俺の意見じゃないから、そういうタイトルはまだ見てない
    自分はアニメを4つに分類してる

    1)好きな良アニメ
    2)興味がないから見ていない良アニメ
    3)好きな駄作
    4)興味がないから見ていない駄作

    今何が良くて何が駄作かを考えてるhaha
    まぁ言いたいことは、たとえ例を出しても他人とは合わないってこと

    時にはPV段階で駄作だなと思うこともある
    リゼロがそうだった
    でも魔が差したときに見て、良作だと思った
    一方で何百年経とうとも絶対に見ないであろうアニメもある
    超傑作だとしても

    結局ただの主観
    そして男性の人口が多いredditで腐女子向け作品が評価されることはない
    ただし一部の萌えアニメのように過大評価されることもない


    アニメオタク外人さん
    >>2
    興味がないから見ていない良アニメってのが何なのか気になる
    俺の趣味はマジで広いからそのカテゴリーに入るものはない
    吟味して見ている人が何を基準にしてるのか知りたい

    アニメオタク外人さん
    >>3
    横からだけど自分はジョジョが当てはまった
    このシリーズの大ファンだという友達がいて、今週末にようやく見始めた
    MALでもredditでも非常に評価されてる作品だけど、自分から見ようとは思わなかった
    傑作だということは前から知ってた

    アニメオタク外人さん
    >>3
    横からだがONEPIECE
    どれだけ素晴らしいかをたくさん聞いてきたけど見たことがない
    【外国人「アニメ新参者の自分がオタクコミュニティを観察して気づいたこと」】の続きを読む

    このページのトップヘ