外人速報

アニメ、ゲーム、マンガ、バーチャルYouTuber、仮想通貨などに対する海外の反応をお届けします

    タグ:ヒロアカ

    aaaaa

    原題:なぜヒーローなのか?「笑顔で人々を救う」から「悪役の基礎理論」まで

    アニメオタク外人さん
    日本のメディアにおけるスーパーヒーロー

    スーパーパワーを持つ個人、誇大妄想にとらわれている悪役、ヒーローにはコードネームがあり、カラフルな衣装を着て戦う
    我々にとっては典型的なヒーロー像だが、日本ではあまり一般的ではない
    しかし近年、西洋風のスーパーヒーロー物が日本で旋風を巻き起こしている

    『僕のヒーローアカデミア』だ

    ヒロアカはヒーローが飽和している社会を描いていて、このジャンルでは最新(そして最高)の作品である
    作中のヒーローは功績によってランク付けされており、彼らの「ヒロイズム」は規制の中で商業化されている
    同系統の作品には『ワンパンマン』『TIGER & BUNNY』があり、ヒロアカと共通する部分が多々見受けられる

    これらの作品に設けられているテーマは、「主人公が理想とするヒーロー像」と「誠実さよりもランクを重要視する社会」のコントラストであることが多い

    すべてのヒーローがマントを着ているわけじゃない

    日本では西洋風のヒーローが流行らないとはいえ、ヒーローになりたいという主人公の願望は他のアニメにも共通するテーマといえる
    これは過去10年間で最も成功したフランチャイズのうちのふたつ、『fate』と『物語シリーズ』を例に挙げるとわかりやすい

    主人公は「ヒーローとは人々を救う存在だ」ということに同意する
    しかし、そのヒロイズムを実行するにあたって壁にぶち当たる

    『Fate/Zero』の衛宮切嗣は、彼が掲げた理想に反対する人を排除することが人々を救う方法だと信じていた
    この信念はヒーローよりもヴィランに近い(例:ヒロアカのステイン、タイバニのルナティック)
    最終的に切嗣の信念は間違っているということが描かれるが、ステインやルナティックよりは正しかった

    それに比べ阿良々木暦、衛宮士郎はヒーローらしいヒーローだ
    彼らは長期間にわたって「人を救いたい」という願いを持っていたし、通常は非暴力的で、戦う理由があってはじめて戦う

    しかしこのふたりは、ヒロアカのデクやタイバニのワイルドタイガーと違い、無私で戦うというわけではない

    悪役の理論

    偽物語の最終話で、阿良々木は超人的な力を持つ陰陽師と戦う
    死ぬ寸前のところまで追い詰められる阿良々木だが、彼の信念に心打たれた陰陽師が手を引き事なきを得た
    そのときに陰陽師が悪役の基本的な理論を説いている

    曰く「人間は欲望に支配されているので、本質的には悪だ」と
    彼らの行動は自分の欲望を叶える手段にすぎないので、善良、無私というのは偽善だ、と

    阿良々木は他人のために行動しているわけではないと言う
    彼は家族のために命を賭けるが、あくまでも自分のためにやっているのだと
    自分の欲求を満たすために自己犠牲にはしる

    衛宮士郎の場合も同じで、彼は他人のために命を賭けているのではない
    彼の動機は罪悪感にあり、自分だけが大災害を生き延びてしまったというところにある
    つまり他の人が死んでいるのなら自分も死んでいると考えている

    それで、なぜヒーローなのか?

    ヒーロー物の登場人物が他ジャンルの“自称”ヒーローと比べて純粋だと言うつもりはない
    たとえば
    『TIGER & BUNNY』には様々な動機から活動しているヒーローたちがいる
    バーナビー・ブルックスJr.は無私ではなく復讐のためにヒーローになった
    ファイヤーエンブレムは同性愛者だということをからかわれた過去をもつ
    折紙サイクロンは友人に対する罪悪感を背負っている
    ブルーローズはヒーロー活動に興味がなく、芸能活動への足がかりとして利用していた


    ヒーロー物には特定の傾向、「ヒーローになりたいからヒーロになる」という展開がある
    デクとワイルドタイガーはそれぞれオールマイト、Mr.レジェンドに触発されヒーローを目指す
    彼らは英雄になりたいから、英雄がそうしているからという理由で人助けをする


    これは悪いことではなく、とくにタイガーに関しては上手く掘り下げている
    しかしどうしても後々のモチベーションが弱くなってくる
    だからシリーズが進むとレジェンドの地位に疑問符がつき、タイガーの信念が再構築される

    一方デクとオールマイトに「笑顔で人々を救う」以外の欲求がない場合、彼らをリアルな、魅力的なキャラクターだと見なすことが難しくなる

    性悪説に同意するかはともかく、ヒーロー物を書きたいすべての作家はこの考えを念頭に置いておくべきだ

    「英雄になりたい」「人を救いたい」は動機ではなくゴールだ
    なぜ救いたいのか尋ねることでストーリーが深まっていく
    この人に何が起こったのか?
    人を助けることで何を得るのか?


    アニメオタク外人さん
    士郎の考え方が好き
    あとオールマイトは燃える


    アニメオタク外人さん
    俺たちの親分上条当麻とヒーローについての議論はなしか

    アニメオタク外人さん
    >>3
    上条自身が英雄、悪役のラベリングは不要だと言ってるからな
    救いたかったら救え、だとよ


    アニメオタク外人さん
    >>4
    「困っている人を助けるのに理由はいらない」
    うん、彼主人公だわ

    【外国人「ヒーローは無私無欲であるべきか?」】の続きを読む

    bs


    ※少し漫画版に触れるのでネタバレ注意

    アニメオタク外人さん
    アニメオンリー組だが、ヒロアカ2期を見終えて3期を見始めた
    これはどんなデタラメだ?


    アニメオタク外人さん
    ワン・フォー・オール1000000%!
    お前は死ぬ


    アニメオタク外人さん
    文字通り1000000%って意味じゃないから

    アニメオタク外人さん
    実際に1000000%の力で殴ったわけじゃないと明らかになってる
    100%以上の比喩
    そしてデクの100%もオールマイトと同等の威力ってわけじゃない


    アニメオタク外人さん
    作者が説明済み
    とにかく100%以上の力だってことが分かれば、110%でもなんでもよかった
    全部説明されなきゃ分からないのか?
    【やはり混乱する人が出てきたヒロアカのワン・フォー・オール1000000%】の続きを読む

    in


    漫画オタク外人さん
    僕のヒーローアカデミアはオレのために目に見えない女の子を描いてくれた

    漫画オタク外人さん
    自分はずっと目に見えない女の子キャラを待ってた
    やっと描いてくれたヒロアカに…感謝

    漫画オタク外人さん
    ちょうどThe Invisible Manを読み終えたところだわ
    オールライトだった
    (※H・G・ウェルズの小説 邦題は透明人間)

    漫画オタク外人さん
    目に見えない女の子のスレは目に見えないけど
    葉隠透ちゃんに感謝


    漫画オタク外人さん
    葉隠透は裏切り者だ 【僕のヒーローアカデミアの葉隠透ちゃんに感謝】の続きを読む

    otyako

    漫画オタク外人さん
    もしお茶子が主人公だったら主人公としてどう成長していくと思う?

    漫画オタク外人さん
    >>1
    ときどき敵と直接対決するけど、基本的には救助専門のヒーローになる気がする

    漫画オタク外人さん
    デクのカキタレになる

    漫画オタク外人さん
    というかデクたちって、ステインを捕らえた時点でプロヒーローになったんじゃないの?

    漫画オタク外人さん
    >>4
    いやテスト受けなきゃ
    【僕のヒーローアカデミアについて語ろう!】の続きを読む

    このページのトップヘ