外人速報

アニメ、ゲーム、マンガ、バーチャルYouTuber、仮想通貨などに対する海外の反応をお届けします

    タグ:性別



    外人さん
    言葉とは何か?
    何が重要なのか例えば
    法律を破って入国してきた人を「違法外人」と呼ぶのか
    あるいは「不法移民」と呼ぶのか
    「クリスマスツリー」と「ホリデーツリー」の違いは?

    そんなものは単なる意味論に過ぎない?
    Yes…and no.

    確かに意味論です
    しかし意味論とは語の意味を指す言葉であって、言葉は
    あるものを別のものと区別するために存在する
    我々は言葉がなければ混乱してしまう

    赤ちゃんは「パパ」と「ママ」を区別することから覚える
    言葉は我々の考え方を形作る
    世界がどのように見えるのか色付けする役割がある


    これを一番理解しているのが「左」の人です
    彼らは言葉の匠であり、いかに重要性を熟知しています


    彼らは婉曲な表現という特殊な術を持っていて、厳しい現実を受け入れやすくする柔らかい表現を好む
    しかし柔らかい言葉には毒がある
    彼らの目的は欺くことだ


    職場や大学における人種差別は「アファーマティブ・アクション」に置き換えられている
    一体誰がアファーマティブ(肯定的)なアクション(行動)に反対する?
    「地球温暖化」は「気候変動」に変わった
    気候など常に変動している


    バラク・オバマが大統領に就任した際、アフガニスタンとの戦争の名前を「対テロ戦争」から変更した
    対テロ戦争は不吉かつ脅威的に感じる語だ
    これは戦争を終わらせるひとつの方法といえる

    例は無限にある
    毎週新しい言葉が生まれている

    左翼言語の世界において、「若い犯罪者」は「正義を志す若者」に変わる
    税金は「責任ある支払い」になり、政府の支出は「投資」に、あなたが一生懸命稼いだお金を蓄えることは「貪欲」に変わる
    より多く誰かの金を奪うことは「公平な役割分担」
    ホワイトハウスの民主党に反対するのは「妨害」で、同じことを彼らがやればそれは「抵抗」になる!

    左翼は「多様性」の名のもとに知性の一致を強制する
    反対意見を「寛容性」の視点で検閲し、意に沿わない意見をすべて「ヘイトスピーチ」と断定する

    現在議論になっている代名詞をめぐる争いを考えてみよう
    自分を女性だと思っている男性を「彼」「彼女」どちらで呼ぶか
    実際この問題に苦しんでいる人はごくわずかしかいない
    もちろん苦しんでいる人には手を差し伸べるべきだ

    しかし左翼は「誰もが」呼び方を変えるよう活動し、無限の資金と時間とエネルギーを費やした
    なぜそこまで?
    左翼が思いやりに満ち満ちた人たちだから?
    もしくは左翼がかかげる文化的議題が男女の区別を曖昧(否定するくらい)だからだろうか?


    意味を変えるのがとても簡単で、意味を完全に否定できる語も存在する
    例えば「社会正義(social justice)」
    正義とは、誰に支持されることもなく貫いていける信念を指す
    社会正義とは、誰かに支持されている信念を貫くことを指す

    最近よく耳にするのは「私の真実(my truth)」という語だ
    真実とは個人の感情や認識に関わらず真実である
    「私の真実」は内容がどうであれ感想に過ぎない

    それでは「同性婚」はどうだろう?
    おっと、政治的な主張はお断り
    あくまでも言葉として考えてみよう

    歴史を通して、あらゆる文化において結婚とは、夫(男性)と妻(女性)の関係に属する語だった
    「同性婚」は男と男、女と女の関係だが、結局のところ男女の関係ではない

    「結婚(従来の意味では男女関係)」という言葉の前に「同性」というフレーズが置かれると、結婚観の議論が変わった
    突然「結婚の平等性」についての議論が持ち上がり、夫、妻に限定した物言いは不寛容とされるようになった

    かくして左翼は成果を上げた
    なぜならば言葉をコントロールする者は文化をコントロールするから

    信じられない?
    試しに政治的に正しい言葉ではなく普通の言葉を使ってみたらいい
    でも気をつけて
    「間違った言葉」を使ったが最後、仕事、家庭、近所からの評判を失うハメになるから

    文化戦争というのは言葉の戦争です
    今は左が勝っています
    政治、教育、メディアあらゆる面で彼らの影響が見られます

    今が戦うとき、我々の音を譲るべきではない
    言葉とは何か?
    すべてです

    マイケル・ノウルズでした

    外人さん
    自分がまだハンガリーの小娘だった頃(小学生)、母国の「動乱」や「政変」を目撃した(社会主義からの移行)
    こういう時代でもまだ「クリスマス」を「松のごちそう」と呼ばなければならず、クリスマスツリーは「豪華な松の木」と呼ばれていた
    クリスマスとそのルーツは、無神論者であり社会主義者である人たちにとっては宗教的すぎたからからだ
    毎年成績優秀者だけが国のクリスマスパーティー
    (おっと間違えた、「豪華な松の木を囲う饗宴の日」)に呼ばれて、その招待状をまだ持ってるからはっきりと覚えてる(オーウェル風の「美しい」言葉の数々!)

    2015年ヨーロッパで不法(おっと間違えた、「非正規」)移民の大移動が起こったとき、オーウェルのニュースピーク的な人工言語が再来したと思った
    クリスマスマーケットをウィンターマーケットと言い換えたドイツの市長は、不法移民のことを非正規移民と呼んでいた

    私は一瞬でこれが反民主主義的な思想であり、文化マルクス主義的行動だと理解した


    外人さん
    >>2
    2語でいい
    オルバーン・ヴィクトル


    外人さん
    中絶は「選択する権利」または「家族計画」と呼ばれている

    外人さん
    >>4
    「家族計画」は「家族を作らない計画」だlol
    【言葉を制する者は文化を制す】の続きを読む

    SM

    アニメオタク外人さん
    最後まで聞いてくれ
    みんなが90年代のアニメについて話す時、タイトルは挙がるけれど常にニッチなものとして扱われる
    ドラゴンボール、ナルト、ONE PIECEは有名だが、もっと犬夜叉、カウボーイビバップ、セーラームーンについて話したい人がいるはずだ

    俺はマジメにセーラームーンがあらゆるアニメの中で最高だと思っているが、この作品はまったく話題にならん
    昔のアニメを語る際に必ずと言っていいほどセーラームーンが引用されるけれど、一般人はこのアニメを実際に見たことはないんじゃないか
    コアなファンは今でも生き残ってる

    このアニメは平均的な「少女」カテゴリーの作品とは違う
    より多くの人が楽しめるものだ


    アニメオタク外人さん
    いいや、セーラームーンはかなりポピュラーなシリーズだ

    アニメオタク外人さん
    新しくないからね

    アニメオタク外人さん
    >>3
    でもカウボーイビバップは頻繁に語られてるよね?
    ドラゴンボールも過去の4、5作の戦闘シーンが何度も話題に上がっているのを見た
    セーラームーンにもR、S、SuperS、セーラースターズ、Crystalとある
    物語の内容を話してるのを2、3回見たことがあるが、
    Crystalが語られてるのは一度も見たことない
    ドラゴンボール超も同じ扱いだったと思う
    このシリーズがどれだけ大きなものか、また愛されてきたかを考えれば、単に引用されるだけの作品になってほしくない

    アニメオタク外人さん
    >>4
    カウボーイビバップは頻繁に語られてる
    語られてない
    作品のコアなファンが正確に語っているだけ
    90年代アニメを語っている一般的な場面では話題に上がらない

    ドラゴンボールも過去の4、5作の戦闘シーンが何度も話題に上がっている
    俺はDBの特定の戦闘シーンに興味がないから語らない
    DBはポップカルチャーとして幅広く知られていて、ミームも無数にあるがそれはそれ

    Crystalが語られてるのは一度も見たことない
    Crystalは古典じゃなかった
    完全に新しい作品だったから前作の評価を受け継ぐことができなかった
    ドラゴンボール超は古いファンのためのドラゴンボールだった

    【外国人「セーラームーンをガチで語れるような場所がほしい」】の続きを読む

    オタク外人さん
    忍者は死なない

    オタク外人さん
    忍者は嘘つきだ

    天魔機忍のコラボで死にかけてた


    オタク外人さん
    >>2
    ニーツちゃんがMVPだったな

    オタク外人さん
    乾伸一郎はチームに貢献してただろ
    少なくともあっくん大魔王よりは


    オタク外人さん
    >>4
    あっくんが1人か2人倒してたのは覚えてる
    でも我らがニート天使は誰も倒せてなかった
    【バーチャルYouTuberの性別に関する質問には敏感に反応する外国人】の続きを読む

    cat

    オタク外人さん
    インターネット上の法則
    ・インターネット上に存在するすべての女の子は男性であり、すべての子供はFBI潜入捜査官か釣り
    ・インターネット上に女性は存在しない


    オタク外人さん
    架空のキャラが作者に似てるわけないだろ
    「なぜ似ないのか?」って深く考えられるだろうけど、わざわざそんなことするのは無意味


    オタク外人さん
    どうでもいい
    このコンテンツに作者の性別は関係ない
    男が描いた同人を使うのとなんの違いもない
    それより叩かれて気落ちしないか心配だわ


    オタク外人さん
    顔を隠す必要があったのに、顔にウェブカメラを向けてたのはなぜ?
    【性別の壁を超えてバーチャルYouTuberを愛する外国人】の続きを読む

    pito

    アニメオタク外人さん
    お前らがピトーの性別の議論をしてるとこ見たことないんだけど

    アニメオタク外人さん
    みんな猫耳が嫌いだから

    アニメオタク外人さん
    ボクって言ってるから男だよ

    アニメオタク外人さん
    昔からボクっ娘はいただろ
    ボクって言ってたり、彼って呼ばれたりしたとしても男とは限らない
    【ハンターハンターのネフェルピトーは男なのか女なのかどっち?】の続きを読む

    このページのトップヘ