外人速報

アニメ、ゲーム、マンガ、バーチャルYouTuber、仮想通貨などに対する海外の反応をお届けします

    タグ:海外の反応

    aaaaa

    原題:なぜヒーローなのか?「笑顔で人々を救う」から「悪役の基礎理論」まで

    アニメオタク外人さん
    日本のメディアにおけるスーパーヒーロー

    スーパーパワーを持つ個人、誇大妄想にとらわれている悪役、ヒーローにはコードネームがあり、カラフルな衣装を着て戦う
    我々にとっては典型的なヒーロー像だが、日本ではあまり一般的ではない
    しかし近年、西洋風のスーパーヒーロー物が日本で旋風を巻き起こしている

    『僕のヒーローアカデミア』だ

    ヒロアカはヒーローが飽和している社会を描いていて、このジャンルでは最新(そして最高)の作品である
    作中のヒーローは功績によってランク付けされており、彼らの「ヒロイズム」は規制の中で商業化されている
    同系統の作品には『ワンパンマン』『TIGER & BUNNY』があり、ヒロアカと共通する部分が多々見受けられる

    これらの作品に設けられているテーマは、「主人公が理想とするヒーロー像」と「誠実さよりもランクを重要視する社会」のコントラストであることが多い

    すべてのヒーローがマントを着ているわけじゃない

    日本では西洋風のヒーローが流行らないとはいえ、ヒーローになりたいという主人公の願望は他のアニメにも共通するテーマといえる
    これは過去10年間で最も成功したフランチャイズのうちのふたつ、『fate』と『物語シリーズ』を例に挙げるとわかりやすい

    主人公は「ヒーローとは人々を救う存在だ」ということに同意する
    しかし、そのヒロイズムを実行するにあたって壁にぶち当たる

    『Fate/Zero』の衛宮切嗣は、彼が掲げた理想に反対する人を排除することが人々を救う方法だと信じていた
    この信念はヒーローよりもヴィランに近い(例:ヒロアカのステイン、タイバニのルナティック)
    最終的に切嗣の信念は間違っているということが描かれるが、ステインやルナティックよりは正しかった

    それに比べ阿良々木暦、衛宮士郎はヒーローらしいヒーローだ
    彼らは長期間にわたって「人を救いたい」という願いを持っていたし、通常は非暴力的で、戦う理由があってはじめて戦う

    しかしこのふたりは、ヒロアカのデクやタイバニのワイルドタイガーと違い、無私で戦うというわけではない

    悪役の理論

    偽物語の最終話で、阿良々木は超人的な力を持つ陰陽師と戦う
    死ぬ寸前のところまで追い詰められる阿良々木だが、彼の信念に心打たれた陰陽師が手を引き事なきを得た
    そのときに陰陽師が悪役の基本的な理論を説いている

    曰く「人間は欲望に支配されているので、本質的には悪だ」と
    彼らの行動は自分の欲望を叶える手段にすぎないので、善良、無私というのは偽善だ、と

    阿良々木は他人のために行動しているわけではないと言う
    彼は家族のために命を賭けるが、あくまでも自分のためにやっているのだと
    自分の欲求を満たすために自己犠牲にはしる

    衛宮士郎の場合も同じで、彼は他人のために命を賭けているのではない
    彼の動機は罪悪感にあり、自分だけが大災害を生き延びてしまったというところにある
    つまり他の人が死んでいるのなら自分も死んでいると考えている

    それで、なぜヒーローなのか?

    ヒーロー物の登場人物が他ジャンルの“自称”ヒーローと比べて純粋だと言うつもりはない
    たとえば
    『TIGER & BUNNY』には様々な動機から活動しているヒーローたちがいる
    バーナビー・ブルックスJr.は無私ではなく復讐のためにヒーローになった
    ファイヤーエンブレムは同性愛者だということをからかわれた過去をもつ
    折紙サイクロンは友人に対する罪悪感を背負っている
    ブルーローズはヒーロー活動に興味がなく、芸能活動への足がかりとして利用していた


    ヒーロー物には特定の傾向、「ヒーローになりたいからヒーロになる」という展開がある
    デクとワイルドタイガーはそれぞれオールマイト、Mr.レジェンドに触発されヒーローを目指す
    彼らは英雄になりたいから、英雄がそうしているからという理由で人助けをする


    これは悪いことではなく、とくにタイガーに関しては上手く掘り下げている
    しかしどうしても後々のモチベーションが弱くなってくる
    だからシリーズが進むとレジェンドの地位に疑問符がつき、タイガーの信念が再構築される

    一方デクとオールマイトに「笑顔で人々を救う」以外の欲求がない場合、彼らをリアルな、魅力的なキャラクターだと見なすことが難しくなる

    性悪説に同意するかはともかく、ヒーロー物を書きたいすべての作家はこの考えを念頭に置いておくべきだ

    「英雄になりたい」「人を救いたい」は動機ではなくゴールだ
    なぜ救いたいのか尋ねることでストーリーが深まっていく
    この人に何が起こったのか?
    人を助けることで何を得るのか?


    アニメオタク外人さん
    士郎の考え方が好き
    あとオールマイトは燃える


    アニメオタク外人さん
    俺たちの親分上条当麻とヒーローについての議論はなしか

    アニメオタク外人さん
    >>3
    上条自身が英雄、悪役のラベリングは不要だと言ってるからな
    救いたかったら救え、だとよ


    アニメオタク外人さん
    >>4
    「困っている人を助けるのに理由はいらない」
    うん、彼主人公だわ

    【外国人「ヒーローは無私無欲であるべきか?」】の続きを読む

    オタク外人さん
    もう終わったと思ってたか?

    オタク外人さん
    なんてこった、犬にベルモントに別の幼女か
    にじさんじは天才だぜ


    オタク外人さん
    いつも通りのビジネス
    通ってよし


    オタク外人さん
    犬!

    オタク外人さん
    犬はいいね
    VOIZにこんな髪のやつがいなかったか

    【にじさんじSEEDs追加メンバー第三弾に対する海外の反応】の続きを読む

    オタク外人さん
    ゲームが上手いと確実に言えるVtuberは誰?
    凛やアイちゃんを見てみたんがが、どうも見当違いに思えてきた


    オタク外人さん
    >>1
    YUA!


    オタク外人さん
    >>2
    最近YUAレスがないから不安だったところだ


    オタク外人さん
    叶とふぇありすはバトルロワイヤル系ゲームが上手い
    他は全員月並み


    オタク外人さん
    猫宮とヨメミ
    【外国人「ゲームが上手いVtuberは誰?アイちゃんはパズルゲームなら上手いが……」】の続きを読む



    外人さん
    言葉とは何か?
    何が重要なのか例えば
    法律を破って入国してきた人を「違法外人」と呼ぶのか
    あるいは「不法移民」と呼ぶのか
    「クリスマスツリー」と「ホリデーツリー」の違いは?

    そんなものは単なる意味論に過ぎない?
    Yes…and no.

    確かに意味論です
    しかし意味論とは語の意味を指す言葉であって、言葉は
    あるものを別のものと区別するために存在する
    我々は言葉がなければ混乱してしまう

    赤ちゃんは「パパ」と「ママ」を区別することから覚える
    言葉は我々の考え方を形作る
    世界がどのように見えるのか色付けする役割がある


    これを一番理解しているのが「左」の人です
    彼らは言葉の匠であり、いかに重要性を熟知しています


    彼らは婉曲な表現という特殊な術を持っていて、厳しい現実を受け入れやすくする柔らかい表現を好む
    しかし柔らかい言葉には毒がある
    彼らの目的は欺くことだ


    職場や大学における人種差別は「アファーマティブ・アクション」に置き換えられている
    一体誰がアファーマティブ(肯定的)なアクション(行動)に反対する?
    「地球温暖化」は「気候変動」に変わった
    気候など常に変動している


    バラク・オバマが大統領に就任した際、アフガニスタンとの戦争の名前を「対テロ戦争」から変更した
    対テロ戦争は不吉かつ脅威的に感じる語だ
    これは戦争を終わらせるひとつの方法といえる

    例は無限にある
    毎週新しい言葉が生まれている

    左翼言語の世界において、「若い犯罪者」は「正義を志す若者」に変わる
    税金は「責任ある支払い」になり、政府の支出は「投資」に、あなたが一生懸命稼いだお金を蓄えることは「貪欲」に変わる
    より多く誰かの金を奪うことは「公平な役割分担」
    ホワイトハウスの民主党に反対するのは「妨害」で、同じことを彼らがやればそれは「抵抗」になる!

    左翼は「多様性」の名のもとに知性の一致を強制する
    反対意見を「寛容性」の視点で検閲し、意に沿わない意見をすべて「ヘイトスピーチ」と断定する

    現在議論になっている代名詞をめぐる争いを考えてみよう
    自分を女性だと思っている男性を「彼」「彼女」どちらで呼ぶか
    実際この問題に苦しんでいる人はごくわずかしかいない
    もちろん苦しんでいる人には手を差し伸べるべきだ

    しかし左翼は「誰もが」呼び方を変えるよう活動し、無限の資金と時間とエネルギーを費やした
    なぜそこまで?
    左翼が思いやりに満ち満ちた人たちだから?
    もしくは左翼がかかげる文化的議題が男女の区別を曖昧(否定するくらい)だからだろうか?


    意味を変えるのがとても簡単で、意味を完全に否定できる語も存在する
    例えば「社会正義(social justice)」
    正義とは、誰に支持されることもなく貫いていける信念を指す
    社会正義とは、誰かに支持されている信念を貫くことを指す

    最近よく耳にするのは「私の真実(my truth)」という語だ
    真実とは個人の感情や認識に関わらず真実である
    「私の真実」は内容がどうであれ感想に過ぎない

    それでは「同性婚」はどうだろう?
    おっと、政治的な主張はお断り
    あくまでも言葉として考えてみよう

    歴史を通して、あらゆる文化において結婚とは、夫(男性)と妻(女性)の関係に属する語だった
    「同性婚」は男と男、女と女の関係だが、結局のところ男女の関係ではない

    「結婚(従来の意味では男女関係)」という言葉の前に「同性」というフレーズが置かれると、結婚観の議論が変わった
    突然「結婚の平等性」についての議論が持ち上がり、夫、妻に限定した物言いは不寛容とされるようになった

    かくして左翼は成果を上げた
    なぜならば言葉をコントロールする者は文化をコントロールするから

    信じられない?
    試しに政治的に正しい言葉ではなく普通の言葉を使ってみたらいい
    でも気をつけて
    「間違った言葉」を使ったが最後、仕事、家庭、近所からの評判を失うハメになるから

    文化戦争というのは言葉の戦争です
    今は左が勝っています
    政治、教育、メディアあらゆる面で彼らの影響が見られます

    今が戦うとき、我々の音を譲るべきではない
    言葉とは何か?
    すべてです

    マイケル・ノウルズでした

    外人さん
    自分がまだハンガリーの小娘だった頃(小学生)、母国の「動乱」や「政変」を目撃した(社会主義からの移行)
    こういう時代でもまだ「クリスマス」を「松のごちそう」と呼ばなければならず、クリスマスツリーは「豪華な松の木」と呼ばれていた
    クリスマスとそのルーツは、無神論者であり社会主義者である人たちにとっては宗教的すぎたからからだ
    毎年成績優秀者だけが国のクリスマスパーティー
    (おっと間違えた、「豪華な松の木を囲う饗宴の日」)に呼ばれて、その招待状をまだ持ってるからはっきりと覚えてる(オーウェル風の「美しい」言葉の数々!)

    2015年ヨーロッパで不法(おっと間違えた、「非正規」)移民の大移動が起こったとき、オーウェルのニュースピーク的な人工言語が再来したと思った
    クリスマスマーケットをウィンターマーケットと言い換えたドイツの市長は、不法移民のことを非正規移民と呼んでいた

    私は一瞬でこれが反民主主義的な思想であり、文化マルクス主義的行動だと理解した


    外人さん
    >>2
    2語でいい
    オルバーン・ヴィクトル


    外人さん
    中絶は「選択する権利」または「家族計画」と呼ばれている

    外人さん
    >>4
    「家族計画」は「家族を作らない計画」だlol
    【言葉を制する者は文化を制す】の続きを読む

    azu9

    オタク外人さん
    べりべりきゅーと後輩

    オタク外人さん
    最初はアズリム
    歌っていてとても可愛い
    これはオリジナル曲だよ

    オタク外人さん
    これは俺の後輩じゃない
    俺の後輩は歌いはじめて1分で力尽きるはず


    オタク外人さん
    肩の出た服いいね……それはともかく次はFUJIIIIだ

    オタク外人さん
    aoi4
    【RAGE2018Autumn バーチャルYouTuber GRAND PRIX海外の実況】の続きを読む

    このページのトップヘ