外人速報

アニメ、ゲーム、マンガ、バーチャルYouTuber、仮想通貨などに対する海外の反応をお届けします

    タグ:海外の反応


    アニメオタク外人さん
    ネットサーフィンしたらこんなものを見つけた
    まどか☆マギカは「脱構築」だと主張する海外のアニメファンを笑う日本のアニメファン
    とくに言うことはないが……yeah……yeah我々は笑われるに値する

    アニメオタク外人さん
    >>1
    なぜ?

    アニメオタク外人さん
    >>2
    最初のコメントを引用
    こういう新参者は自分の知識がないのを隠すために「脱構築」だの何だのと語って玄人ぶるんだよ
    (※発言自体は4chan民のものです)

    アニメオタク外人さん
    これは西洋ファンコミュニティを代表した考察ではないが
    単に翻訳しているだけ?

    アニメオタク外人さん
    というのも、西洋と日本のファンコミュニティを「笑う」という目的で分断するのは生産的ではないと思うからだ
    とくに問題のブログでは「外国人」に対して敵意があり、会話の要点だけを書き出している場合はなおさらそうだ

    【まどか☆マギカを脱構築アニメだと言ってる外国人が日本人に笑われてる。外人速報はゴミ】の続きを読む

    sai3

    漫画オタク外人さん
    もしサイタマが腕立て、腹筋、スクワットを200回して、ランニング20kmやってたらどうなった?

    漫画オタク外人さん
    思いがけず神になる
    ふとした瞬間、彼は神になる
    サイタマはあまりに強くなった
    そう、彼は止まらなかった

    100を超え200、二倍もの負荷がかかっても止まらず、200、300,400……1000!
    視線を動かすだけで目の前にあるものを破壊
    呼吸するだけで地球上の空気の30%を消費する
    彼が頭を動かすと周囲が塵にかわる
    歩けば世界中で地震が起こるだろう

    どんなに小さな動作でも、身の回りのすべてが破壊される
    だから彼は動かない
    完全な静止
    彼の身体は冬眠に入る
    通常哺乳類の冬眠は心拍数、呼吸を抑えて代謝を低下させるだけだ

    しかし、サイタマがしたのはすべてを止めること
    彼は呼吸をやめた
    臓器の活動が止まった
    彼の身体は基本的に死んでいた
    まるで像だった

    彼は像として瞑想に入る
    何世紀にもわたる瞑想の末、ゆっくりと悟りに至る


    漫画オタク外人さん
    ONE POKE MAN

    漫画オタク外人さん
    陰毛が抜ける

    漫画オタク外人さん
    宇宙が終わる
    【外国人「もしサイタマが筋トレメニュー倍にしてたらどうなった?」】の続きを読む

    tf

    ゲームオタク外人さん
    何が良かったのか

    ゲームオタク外人さん
    面白いゲームだよ

    ゲームオタク外人さん
    終了

    ゲームオタク外人さん
    多くの人がまともなRPGを遊ぶようになって嬉しい

    ゲームオタク外人さん
    ゲームとしては楽しい
    シリーズの続編としてはクソ
    【外国人「モンスターハンターワールドはなぜ成功したのか」】の続きを読む

    15f

    オタク外人さん
    15 FPS

    オタク外人さん
    始まった!

    オタク外人さん
    15 fps!

    オタク外人さん
    自分のファンには彼女がいないと言っている月

    オタク外人さん
    >>4
    正しい
    【相変わらずハイテンションの輝夜月生放送、富士葵のアカペラに対する海外の反応他】の続きを読む

    オタク外人さん
    ずっと聞きたかったんだが、お前らどこから来た?
    Vtuberを追う前はどこに所属してた?
    今でも昔追ってたものや趣味を続けてる?

    オタク外人さん
    東方、艦これ、「普通の」日本人YouTuber、Warframe
    艦これはやめたけど未だ全部に興味はある

    オタク外人さん
    アニメとゲームから
    今は雑談配信を聞きながらゲームをやってる


    オタク外人さん
    主に東方から
    今でも同人を読んだり音楽を聴いてる


    オタク外人さん
    ゲームやってた
    たぶん凛が好きなのはそれが理由
    【Vtuberを知る前はどんなコミュニティに属していたか+VtuberファンのIQ】の続きを読む

    このページのトップヘ