NO4

アニメオタク外人さん
>農法を教える
なんで異世界モノはこうなんだ?
エジプト人は紀元前6000年から農業をしてた
こいつらが原始人でもない限り、スマホを持ってるだけの平均的な日本人高校生よりも農業に詳しいだろ


アニメオタク外人さん
>農法を教える
革新的な施肥や灌漑方法、高度な畜産学のような大規模な発展に繋がる技術は教えない

アニメオタク外人さん
>>2
社会科の授業を熱心に聞いてる奴なんて皆無だった
異世界モノのおかげで今やみんなが輪作を知ってる

アニメオタク外人さん
>ハーバー・ボッシュ法とシンガス精製技術を教える異世界主人公
これが賢い高校生

アニメオタク外人さん
現代出身の主人公は未開の新世界に高度な技術を教えなければならない
主人公はニート、高校生、サラリーマンなので、普段使っている最新技術の仕組みを知らない
実際の最新技術を動作させるには数百人の手が、より高性能なものが欲しければ数千人の手が必要
1人で作れる「すごーい」技術の多くは、古代ギリシア人やエジプト人が作ったもの
現代技術の多くが危険な環境で作られていたり、繊細なことに対しての言及なし

そしてこれが現代技術の知識が描かれない理由でもある
ベストを尽くして火薬武器や有刺鉄線、鋼加工(青銅器時代)を
専門知識を持っていればマシンガン、現代医療くらいなら教えられるだろうが、大抵の場合はチートか「はいできた」で完成
【アニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』を見て異世界モノについて考える外国人たち】の続きを読む